DIY

2012年1月31日 (火)

引越し後のDIY(6)

小物編その2。

Dscn0029


こういうものを作ってみました。
これも近所の雑貨屋で見つけて、こんなの10分で作れるじゃん!ってことで。

Dscn0030

もちろん端材。
こういう中途半端な端材はいくらでもあるから、100本くらい作れるぞ。
溝を掘って、面取りだけして、WATOCOオイルフィニシュッシュで塗装して、T字の座金つけて、壁にピンでとめたら完成。
座金以外は全部在りモノ。

Dscn0033

用途が不明瞭なまま作ったけど、結局こうやって「now playing」的なことになってます。
本来、ポストカードとか写真とか、そいういうのを飾る想定だと思われます。


Dscn0037

小物、楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

引越し後のDIY(5)

オーディオ周りに使おうと、卓上用のミニ照明をDIY。

Dscn0011

板は全部端材。
電材は電球も合わせて1000円くらい。
前後の板は取り外し出来ます。

Dscn0009

正面の板もはめ込むとこうなります。

Dscn0017

前オープンで点灯したところ。
ちょっと明るすぎる。

Dscn0018

前クローズ。
写真ではえらく明るく見えるけど、これだと完全に間接照明って感じで、ほどよい光量。

Dscn0565

写真がうまく撮れません。
実際はもっと薄暗い。

Dscn0551

これは前オープン。
逆にこれは実際にはもっと明るい。

えらく簡単にできたけど、すごく気に入っております。
これを機に、照明関係の自作にハマりそうになってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

引越し後のDIY(4)

引っ越して半年くらいは寸暇を惜しんで日曜大工に励んで、ダイニングセットや書棚等、大きいものはだいたい作ってしまった。
作っている最中は結構大変な思いをしているのだけれども、作り終わってしまうと張り合いがない。
もっと何か作りたい。
が、これ以上大きなものを作る必要はないし、作っても家人に邪魔がられるので、今は小物に手を出し始めている。

今月は手始めにゴミ箱を作ってみた。

ゴミ箱というのはなかなか難しいもので、ちょっと小洒落たデザインのいいものを買っても、何せ用途がゴミを入れることであるからして、すぐに薄汚れてくる。
子供が3人もいると、どういうわけかわらかないけれども、リビングに置いたゴミ箱などはあっという間にいっぱいになる。
実用性を重視すれば、スーパーのポリ袋を入れて使うのが当然便利なんだけれども、そうするといかにデザインが優れていてもすべて台無しだ。
なかなか難しい。

と思っていたら、近所の雑貨屋でなかなかいいのを見つけた。
4800円とかの値がついている。
我が家はゴミ箱に4800円かけるようなブルジョワジーではない。

こんなものなら作れるだろうと思ったので、作ってみました。

Dscn0004

↑こういうふうになってまして、

Dscn0007

↑こうやってスーパーのビニール袋をかぶせるんだけど、

Dscn0003

フタをすればこのとおり。↑

全部端材で作ったので、4800円どころか、費用ゼロ。
小物、なかなか楽しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

引越し後のDIY(3)

自室の簡易オーディオ用にAVラックを製作。

P7100036

いまどきのAVラックをネットでちらちら観察してデザインの参考にしました。

P7100034

側板は端材を使ったけれども、棚板はパイン集成材を新たに購入。
ラックはオーディオにおいては重要なので、細部もなるべく手を抜かず、出来る限りがっちり作ったつもり。
けっこうずっしりしてます。
オーディオラックは買うとめちゃめちゃ高い。

Sn3t0165

こんな感じに収まりました。
見えづらいけど、スピーカー台も合わせて作ってます。

Sn3t0161

外付けハードディスクのケースも端材で製作。
PCオーディオですから。
超手抜きだけども、杉材がいい感じで思いの外気に入った。

001

リビングに書棚を製作。

P7090012

意匠として、また転倒防止として、上の方はだんだん奥行きを浅くしてます。
丸ノコはないので切断は全部手でやるんだけども、斜めに切るのはなかなか難しかった。
棚板を2トーンにしたのは、ちょっと出来上がりがイメージと違って自分的には失敗した感あり。
全部エボニーでよかった。

P7090008

市販の書棚は無駄に奥行きが深すぎたり、棚板の位置が思うようにいかなかったりするので、自作するに限る。
これは材料費が確か1万2千円くらいです。
パイン集成材。
棚板は本を沢山置くと必ずたわんでくるので、ある程度の厚みが必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

引越し後のDIY(2)

最近ネットでよく見かける「ケーブルボックス」なるものを、端材を使って見よう見まねで製作。

P6180150

パソコン周辺のケーブルを、アダプタごと格納。

P6180149

思いの外いい感じに出来上がってたいへん気に入ったので、自室のオーディオ周りに使うために、さらにもう1個作った。
端材で材料費ゼロでできるし、半日もあればできる。
我ながら、市販のプラスチック製よりもずっといいと思う。
もはやケーブルボックスのない生活は考えられない(笑)。

P6180142

小物いれ。
文具等を入れてます。

P6180144

引き出しは作るのが面倒で難しいので、100均で買ってきた木箱3つを塗装。
引き出しのサイズに合わせて外側を作りました。
もちろん端材で。

P6180145

PCデスクの下に収まる3段収納。
カラーボックスが微妙に収まらない高さだったこともあり、端材で製作。
端材もだんだん大きいのは使い尽くしてしまったので、側板は1×4のSPF材の余りを左右3枚ずつ継ぎ接ぎで。

P6180147

引き出しはやはり面倒なので、ニトリで買ってきたカゴ。
1コ990円とかそれくらいだったか。
PC周りのごちゃごちゃしたものや、Wii リモコンなどを収納。

塗装はぜーんぶWATOCOオイルフィニッシュ
高いけど、この仕上がり感を一度味わったらもう変えられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

引越し後のDIY

一軒家に引っ越してやがて1年。
無理して広い家を借りたので、延床面積が前のマンションの2倍近くになったはいいが、その分、家具や調度品も不足した。
しかも、なにぶん無理しているので家計が逼迫しており、なかなか家具まで手が回らない。
時間はかかるが、なるべくDIYでなんとかすることにした。

以下、この1年で作ったものあれこれ。

まずはダイニングテーブル。

001_2

天板は1820mm×910mm×25mmのパイン集成材をそのまま使用。
詰めれば大人8人くらい座れます。
幕板はSPF材で、脚はヒノキ。
天板のパイン集成材は、このサイズで6千円弱という格安品を見つけて一気にやる気が出た。
材料費はジャスト1万円くらいであがっている。

P1010120_2


塗装はWATOCOオイルフィニッシュ(エボニー)。


サンダー持ってないので、サンディングが超大変だったけども、オイルサンディングも丁寧にしたので、なかなかの質感になりました。
塗料代等を入れても1万5千円かかってないと思う。
このサイズ、買ったら10万はくだらないはず。
がんばりました。
嫁の友達がみな褒めてくれます。

P1010116


あわせてぴったりサイズに作った長椅子。
SPF材なので、材料費は3千円くらい。
これはDIY本で見つけた作り方をそっくり真似ました。
子供3人座らせておくのにすごく重宝。

P1010122


端材で作った調味料入れ。
簡単にできたけど、自分ではなぜかすごく気に入ってます。

P6180134


ダイニングチェア。
椅子は難しい。
手間がかかってめんどくさい。
嫁に迎合して気の迷いでカントリー風のペイントにしてしまった。
テーブルに合わせて、全部WATOCOで仕上げればよかった。
これだけ見てると悪くないんだけど、テーブルと合ってません。
また暇になったら作り直したい。

P6180126


もう1脚。
これは捨てられそうになっていたのを拾ってきて、釘を打ち直して塗装しなおした。
なんか幅が広くて座りの浅い変な形で、座り心地よくないんだけど、おそらく30年は経っていると思われる座板はなかなかいい雰囲気。

今日のところはこのへんで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

AVラックをDIY

今回のプラズマテレビ導入については、綿密に計画を立てた。
この年度末には買うと決心して、しかし、そのためには、あらかじめ設置場所を確保する必要がある。

それで、まずはAVラックの製作にとりかかることにした。

前に使っていたプロフィール・プロは実にかわいいやつだったのだけれども、その図体は巨大でありえないくらい重く、うちの狭いリビングをさらに狭くしていた。
かわいいプロフィール・プロを2011年ぎりぎりまで使いたいのはやまやまだったのだけれども、あえて今年度末の薄型テレビ導入に踏み切ったのは、エコポイントだけではなく、うちのリビングがもう飽和状態であるというのも大きな要因だ。

従って、薄型テレビのメリットを最大限に活かし、増え続ける家庭内人口に対応すべく、少しでも居住スペースを広く取るようにするのがコンセプト。

そのためには、まず、テレビを壁掛けにしたい。
ラックを作ってその上にスタンドで置くのなら簡単だけれども、それではテレビしか置けない。
そのテレビが壁に掛かって浮いていれば、ラックの上にさらに他の機器の設置スペースが残る。
が、かと言って、マンションの壁に穴を空けるのも嫌だ。
石膏ボードの壁は強度的にも不安が残るし、なにより、でかい穴を空けるのに抵抗がある。

そこで、市販の、具体的にはヤマハのシアターラックなどを参考に、背板を伸ばして、そこにテレビを引っかける、という構造で行くことにした。
(↓イメージは一応こんな感じ)

Pic003

さらに、これまでずっと、「オーディオとビジュアルは絶対に別」主義にこだわり続けていたのだけれども、背に腹は代えられず。
そもそも、オーディオなんて、3人の子供が走り回る家の中ではほとんど出番がない。
テレビ周りの機器とオーディオ機器をまとめてしまえばスペース的に一気に有利になるのはとうの昔に気づいている。
思い切ってまとめてしまおう。

それでできたのがこれ(↓)

Av_5 

Av_3

ついでにスピーカー台も端材で作成した。

製作段階で、テレビはたぶん日立のWooo、42インチにするだろうと決めて、それを基本に設計したけれども、いちおう他社の同サイズや、万一の46インチにも対応できるようになってます。

木の背板で液晶よりもやや重いプラズマを支えられるか、ちょっと不安もあったのだけれども、設置してみたら全然大丈夫そう。
製作費は2万5千円くらい。
上のヤマハのシアターラックは10万くらいするらしいから、出来映えにはまあ満足。

純正の壁掛けユニットは2万円弱で、それだけで重さも5kgぐらいある。

納品はテレビと壁掛けユニットが同時だったので、設置や配線は全て自分でやった。
配達のおっちゃんたちは、このラックをしげしげと眺めておりました。

Av_4

このように(↑)下半分は、ドロップ蝶番とソフトダウンステーで下方向に開く扉に。
左側にはオーディオ用のアンプ、右側には、仮にCDプレーヤーとビデオデッキがおさまってます。

両脇のでかいスピーカーは、純粋にオーディオ用で、テレビの音声は基本的に出さない。
が、DVDプレーヤーとは接続して、音楽DVD等の音声出力はこのでかいスピーカーに持って行く予定。

食事の時はテレビを消して、オーディオの方でクラシックなんかをかけていると、娘が「レストランみたい!」とはしゃいでおります(笑)。

我ながらなかなかよいものが出来ました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

壁面収納のDIY

3月に大枠が完成して、このブログにも写真をアップしたリビングの壁面収納。
その時点でとりあえずモノは入れられるようになったので、すぐに詰め込んで、そしたら安心してしまって、扉つくるのをずーっとさぼってました。

夏の間は外での作業も暑いし、湿度も高くて板材の管理もやっかいだし。

それを、この度、やっとのことで完成させました。
これです↓

Diy1

扉つけたらいっぺんにすっきりした!

ほんとはこれにツマミをつけるつもりだったんだけど、ツマミってほんとにろくなデザインのモノが売ってなくて、つけないままで仕上げてみたら、あまりにすっきりして見えるので、このままつけないことに決定。
もちろんその分、開閉しづらいんだけれども、それはかえってうちの赤ちゃんのいたずら防止に役立って好都合。

ちなみに扉を開けると、中はごちゃごちゃです。
下が全ての扉と引き出しを開けたところ。
炊飯器はスライドで手前へ出てきます。

Diy2









現在は、早くも次作に取りかかっております。
次はAVラック。
来るべき地デジ時代に、ようやく我が家も対応を検討中。
まずはテレビ台を準備してからでないと買えないっちゅうことで、鋭意製作中でございます。

日曜大工は本当に楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

週末のDIY

先週末、キッチン壁面に簡単なDIY。

090419_317

製作時間3時間。
端材も使ったので、材料費は1000円くらいでした。

090419_319

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

日曜大工途中経過

年明けすぐからとりかかっている、リビング壁面への収納棚の造り付け。
どうにかこうにかやっと大枠ができあがりました。

3人目が生まれてもういよいよ家の中がえらいことになってきて、効率的な収納を考えざるを得なくなり、考え出したこのプラン。
リビングの西側の壁面全体を、床から天井まで全部収納にしてしまおうという大がかりなアイデアですけれども、一度に全部やるのは作業的に無理なので、3分の1ずつに分けて徐々に取り組んでいます。
まずは北西の角から作業開始。
幅は約120cm、高さは220cmほどのものになります。
before はこの状態(↓)

090301_001
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しかし、このプランをやたらと困難にしているのが、この壁面の、腰くらいの高さにある段差。
拡大写真でご覧下さい。

090301_002_2

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この出っ張りのせいで、板材を複雑な形状にカットせねば、壁面ぴったりには仕上がりません。

で、まる2ヶ月がかりでやっと組み上げた状態がこちら。

090301_067
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
どえらい苦労しました。
部材のカットは、誤差1mm以内に精度を心がけました。
それくらいでないと、まとまりません。

そもそも、精密に測定してみると、うちのマンション自体が歪んでいて、床も真っ直ぐじゃないし、部屋のコーナーも直角じゃない。
天井は梁が出ているので、その梁までの高さに合わせて作っておりますが、位置によって高さがかなり違います。
5mmくらいは平気で違う。
腰高の段差も、微妙に水平ではありませんでした。
それらに合わせて作らないといけないわけです。

しかし、苦労の甲斐あって、見よ、この精度!

090301
 
 
 
 
 
 
 
 
板のカットは基本的にはホームセンターでやってもらいますが、四角に切ってくれるだけで、こんな複雑な形には切ってもらえません。
仕方なしに、今回は、自らの手で切りましたよ。

ちなみに、この複雑なカットがあるため、一度は諦めかけたこのプランを、いや、やってみようと踏ん切らせてくれたのは、「ソーガイド」なる製品。
これがあっても、25mm厚の板を正確にカットするのはかなり難しかったですが、ちゃんと直角に切れました。

また、更に厄介だったのは、向かって右側のコーナーのところの段差の処理。
段差も角に沿って続いているので、このような作りになっております。

090301_066
 
 
 
 
 
 

ともあれ、大枠はこれで完成。
つや消しニスも塗装済み。
塗装はなしの方が見た目はいいんだけども、やっぱり実用上問題が多いと判断して、面倒だけど塗りました。
2~3回は塗らないといけないので、本当に大変。
でも、塗らないと、反りも出るだろうし、すぐキズもつくし、食器類も入れるので、耐水性も必要だし。

もう一度、正面から見たところ。

090301_068
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あとはこれに扉をつけます。
向かって左の下半分は、引き出しにします。
それぞれの棚の内側には、棚受けダボが仕込んであるので、可動棚を入れます。

ここまでで、材料費はおそらく5万は下らないと思う。
板はパインの集成材。
ニスや、引き出しのスライドレールや、棚受けダボや、扉の蝶番等、木材以外の小物が結構高くつく。

でも、プロに頼んだら、おそらく10万でもやってもらえないはず。
て言うか、こんな段差のある壁面だから、そもそも引き受けてもらえないかもしれない。

無事完成しますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧