音楽

2013年11月 3日 (日)

初期山口百恵の衝撃

31jlmupdlwl

懐メロは誰でも好きだけれども、自分はどうも平均以上に昭和歌謡への執着が強いのではないかという気がなんとなく以前からしていた。

 

特に7374年くらい、昭和で言うところの48年~49年あたりがむずむずする。

この時期のヒット曲は、なぜかどれも自分の中のわりかし深い部分に共鳴するものがある。

 

思いつくままにググった結果を列挙してみます。自分的に印象の強いもののみなので偏ってますが。

年・月はレコードの発売日。

 

1973

2月 天使も夢みる/桜田淳子

4月 赤い風船/浅田美代子

   危険なふたり/沢田研二

5月 天使の初恋/桜田淳子

   情熱の嵐/西城秀樹

6月 裸のビーナス/郷ひろみ

7月 わたしの彼は左きき/麻丘めぐみ

   草原の輝き/アグネス・チャン

8月 わたしの青い鳥/桜田淳子

   個人授業/フィンガー5

9月 青い果実/山口百恵

   ちぎれた愛/西城秀樹

11月 禁じられた遊び/山口百恵

   花物語/桜田淳子

12月 恋のダイヤル6700/フィンガー5

   愛の十字架/西城秀樹

 

1974

2月 三色すみれ/桜田淳子

   薔薇の鎖/西城秀樹

3月 春風のいたずら/山口百恵

   学園天国/フィンガー5

   花とみつばち/郷ひろみ

4月 ひまわり娘/伊藤咲子

5月 黄色いリボン/桜田淳子

   激しい恋/西城秀樹

6月 ひとなつの経験/山口百恵

   恋のアメリカン・フットボール/フィンガー5

8月 花占い/桜田淳子

   傷だらけのローラ/西城秀樹

9月 ちっぽけな感傷/山口百恵

   恋の大予言/フィンガー5

   よろしく哀愁/郷ひろみ

11月 涙と友情/西城秀樹

12月 冬の色/山口百恵

   はじめての出来事/桜田淳子

 

7374年というのは、ぼくが6~7歳の時期であって、たぶんテレビで歌謡番組なんかを見始めた頃なのだろうけれども、印象が深いのはそれだけが理由ではない気がする。

 

なんちゅうか、自分の場合、この時期のアイドルが性衝動の発現みたいなものの触媒になっている()、とか、なんかそういうリビドー的にむずむずしたものがあるんだと思う。

フロイトで言う何とか期とか、そういうことはよく知りませんけども。

ただの印象ですけども。

 

これまで自分の意識の中では、この時期のアイドルとしては、新御三家の中では西城秀樹、中3トリオの中では桜田淳子が好きだった、という記憶だった。

実際、初めて買ってもらったレコードは秀樹だったし、秀樹に関してはその後もCD で聴き直したりして、頻繁に確認してきた。

桜田淳子もまあ同様で、当時の楽曲はだいたい把握している。

 

しかし、山口百恵は死角だった。

 

世間一般では山口百恵っていうとだいたい76年の「横須賀ストーリー」の頃以降、阿木燿子&宇崎竜童なんかの時代がフィーチャーされるけれども、その時期にはほとんど魅力を感じないので、「自分は昔から桜田淳子派であって、山口百恵は特に好きではなかった」という意識でずっといた。

歌謡曲のオムニバスなんかで、「青い果実」や「ひと夏の経験」は聴いていたし、この2曲は偶然耳にする機会なんかもわりとある気がするので、やっぱり山口百恵は初期が圧倒的にいいよな、っていう認識は常にあったんだけれども、それ以外の初期の曲は、これまでほぼノーチェックだったらしい。

 

それで今回、何の気なしにこの「GOLDENBEST/PLAYBACK MOMOE part2」というベスト盤を聴いてみて、たいへんな衝撃を受けた。

 

具体的には、「禁じられた遊び」「春風のいたずら」「ちっぽけな感傷」「冬の色」あたり。

この辺は、ラジオでかかったり、懐メロ番組で取り上げられたりすることもほとんどないんじゃないかと思うので、もしかすると当時以来、つまりほぼ40年くらい聴いていなかったかもしれない。

 

タイトルも完全に忘れてて、こんな曲あったかなって感じで、聴くときもスキップしようかなって思ったくらいなんだけども、ヘッドフォンから流れてきた瞬間に、なんかむずむずした感情が一気にフラッシュバックしてきて、全身に電流が走った。

 

そうだ、当時、おれは山口百恵がいちばん好きだった。

山口百恵にいちばんむずむずしていた()

そうに違いない。

 

実際、今聴いても、よい。すごくよい。

「山口百恵は菩薩である」という本があったのを思い出した。読んでないけど。

おれもそう思う!って思った()

ノスタルジーの影響も大きいかもしれんが。

 

特に歌が上手いわけではない。やっぱ桜田淳子のが上手い。

歌詞がえらく大胆だけれども、それがいいわけでもない。

いや、こういう大胆な詞にもかかわらず、一切下品にならない特異なキャラクターこそが菩薩たる所以か。

 

なんか、不可侵の領域にいる、世俗の下衆とは無縁の、完璧に純粋無垢のような、それでいて大人の事情も何もかも心得ているかのような、たった1617かそこらのこの美少女は一体何者なのか、と。

 

おっさんからするともはや目映いばかりのこの若い無垢な瑞々しさをこれでもかと発散しながら、同時にまた、世の中のダークな部分も全て飲み込んだかのような気怠い絶望感も垣間見せる。

この純粋とニヒリズムの共存、この矛盾の超克こそが、デビュー後2~3年くらいの山口百恵のすごみだろう。

 

菩薩っていうのは、まさに言い得て妙だと思える。読んでないけど。

 

もしかして、自分の恋愛観の根っこの根っこみたいなところにも関係してるんじゃないか、とか、そんなこと考えながら聴いてたら、寝られなくなった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

日本の黎明期テクノ5選

1980年、中1のときに死ぬほど聴いた日本の黎明期テクノの5枚。

ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー

Solid State Survivor / YMO
ま、これは万人が聴いたでしょうけども。
リリースは79年ですけども。

増殖

増殖 / YMO
ま、これも基本でしょうけれども。
アナログの当時は、10インチ33回転の変則サイズで、この周りの赤い部分は段ボールだったよな。
スネークマンショーも大好きでした。

ORIGATO PLASTIC

ORIGATO PLASTICO / PLASTICS
これ、ほんとよく聴いたなあ……。
その後、30年くらい聴いてないかもな……。
1st よりも断然こっちが好きでした。

Potpourri

ポプリ / P-MODEL
これは今ググってみたら、81年でした。
P-MODEL はこれしか知らないんだけども。

うたかたのオペラ(紙ジャケット仕様)

うたかたのオペラ / 加藤和彦
坂本龍一プロデュース。YMO と並行して聴きまくった超愛聴盤だったんだけれども、今出てるCDはリミックスされてて、あろうことか佐藤奈々子のコーラスが削除されたりしてしまっていて聴く気になれない。
もちろん当時のアナログ盤は実家に眠ってるんだけども、もはや我が家にはアナログの再生環境がない。
なんとかリミックス前のCDが手に入らないものかと何年も前から探しているのだけれども、あってもバカ高くて手が出ない。
アナログ盤には、「アラウンド・ザ・ワールド」ダブ・バージョンのシングルが付いてました。
うーん、もう1回聴きたいなあ。

B-2 Unit

B-2 Unit / 坂本龍一
あ、6枚になってしまった。
これは友達に借りてカセットにダビングしたのを死ぬほど聴きました。
「WAR HEAD」っていうシングルも借りたなあ……。

うーむ、懐かしテクノのマイブームがとまらない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

Tangerine Dream 『Stratosfear』も聴く

前回の続きで、タンジェリン・ドリームをもう1枚聴いてみた。

Stratosfear

76年作。『Stratosfear』。

おお、この2曲目の「The Big Sleep In Search Of Hades」という曲をぼくは確かに知っている。
聴いたことがある。
しかし、探している曲ではない。

たぶん、これもエアチェックした他のカセットテープに入っていたか何かだと思う。
正直、今聴くにはちょっと辛い曲だ。

アルバム全体としても、これはちょっと古くなってしまっている。
前回の『Rubycon』の方がいい。

うーむ。

タンジェリン・ドリームのアルバムって50枚以上あるらしいから、もうこれ以上の捜索は困難かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

Tangerine Dream『Rubycon』を聴く

タンジェリン・ドリームは、洋楽を聴き始めた中1の頃に、テクノの一種と誤って(?)認識していて、その当時にエアチェックしたカセットテープをよく聴いていたのだけれども、それがどのアルバムのなんていう曲だったのかが今となってはわからない。
なんとなくなんだけども、たぶんジェットストリームでエアチェックしたような気がする。
いかにもあの番組でよくかかりそうだし。タンジェリン・ドリーム。

確か、46分テープか60分テープの片面がまるまるタンジェリン・ドリームで、まるまるなんだけど2曲か3曲しか入ってなかったから、そういう長さの曲だったと思う。

それを、どうしてもまた聴いてみたい気がするんだけども、タンジェリン・ドリームはアルバムが多すぎてどれだかさっぱりわからない。
まるで手がかりがない。
その頃以来、タンジェリン・ドリームはまともに聴いたことがなくて、何も知らない。

そこで、適当に代表作らしきものを買ってみた。

Rubycon

75年作。『Rubycon』

うーん、これじゃないことは確か。
これよりはもっとずっとポップだった。

でも、これはこれでとてもよい。

クラフトワークといい、この頃のドイツはいったいどうなってたんだろうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

Keith Sweat『Keith Sweat』を聴く

60年代や70年代のスウィートソウルは好きだけど80年代以降のブラコンはどうも……というタイプのリスナーが日本人や白人には多いように思うのだけれども、どうか。

自分もこれまでずっとそんな感じで、70年代の黒人音楽だったらほとんど何でも好きな気がするけど、80年代中盤以降となると、関心をもつのはファンキーな要素を持つ音楽ばかりであって、メロウ系はそれ以前の古いものしかほとんど聴いてこなかったように思う。

なので、なんとなくの気まぐれで買ってみた Keith Sweat の『Keith Sweat』。
買ってみたっつっても、ジャンクコーナーで掘り出した105円の中古盤だけど。

Keith Sweat

これが実によくて、ここしばらくのヘビーローテーション入り。
なんだ、普通に気持ちいいではないか。

このジャンルは未開拓なので、また冒険の楽しみが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

Perfume 3rd Tour JPN @ 日本ガイシホール を観る

昨日は Perfume の名古屋公演2days の初日を観に倅と2人で日本ガイシホールへ。

5時半名古屋着。ラーメン食って、6時半に東海道本線で笠寺駅着。
既に電車は Perfume客ですし詰め状態。
となりで立ってたおねえさんはぎゅーぎゅー押されて前の座席に座ってた見知らぬおにいさんの膝の上に完全に座り込んでた。

ホール着。

Sn3t0063

倅は特に Perfume が好きというわけではないけど、ライヴに行くということ自体が初体験で興奮気味。
おっさん1人で Perfume はちょっとイヤだと思ったから連れてくことにしたんだけれども、思ってた以上に喜んでいる。

2階席だったので、どうせ豆ツブくらいにしか見えなくてスクリーンばっかり見てるハメになるんだろうと思ってたら、入ってみると思いの外ステージが近い!
っちゅうか、相当近い!
ステージ下手側の、ほとんど真横に近い方角だけれども、そのぶん近い!
一気に気分が盛り上がる。

客はおっさんが多いと思ってたら、ざっと見たところ20代くらいの女の子が7割、残りがおっさんとオタクと子連れって感じ。
東京なんかとはまたちょっと雰囲気が違うのかもしれない。

予定開演時間7時から数分程度の遅れでスタート。
以下、ぐだぐだのしゃべりがかなりの尺をとっているとは言え、たっぷり2時間45分。

Perfume のライヴは、前回までのツアーのものをDVDやWOWOWで何度も見ているので、だいたいの内容はわかっているつもりだった。
そして、実際予想の範囲内のものではあった。

しかし。
やはり現場で見るのはぜんぜん違う。
あまりのかっこよさに、3回くらい泣きそうになった。

やっぱアルバム3枚の蓄積ができてきたから、次から次へと名曲のオンパレード。なんだかどれも好きな曲ばっかり。
そして何と言っても演出がすごすぎ。
こういう大掛かりなライヴは久しぶりに観たので、余計感動。
普段観るロック系の無骨なライヴとはさすがに違って、サービス精神がハンパでない。
アーティスト風味と芸能界風味の間のちょうどいい具合の所でバランスがとってある。

要するに、全部打ち込みでなおかつ口パクなわけだから、バンドだったらほぼもしくは全く不可能な演出が簡単にできてしまう。
そこにやられてしまう。
歌から入る曲でも、あーちゃんがぐだぐだしゃべったあとそのまんま「せーの」で突然始められるし、何より照明や映像と完璧なシンクロが自在にできる。
それがナマで観るとめちゃくちゃかっこいい。

個人的にハイライトは中盤の「GLITTER」。
まじで涙出そうになった。

日本ガイシホールは初めてだったけど、とてもいいハコだった。
2階席で、全体の盛り上がりを俯瞰的に眺めながら参加できたので、余計臨場感が増して感動につながった気がする。
息子が退屈してダレてしまうのを恐れていたのだけれども、3時間近く、全く飽きずに手拍子してた。
まじで2日目の今日もなんとか行けないものかと考えてしまった。
あまりによかったもんだから、帰りの電車でもまだ『JPN』聴いて、家に着いてからもさらに聴いてしまった。

奇しくも Perfume、ユニバーサルに移籍、世界50カ国の iTunes で配信開始のニュースが流れた日。
次も機会があれば絶対に行くぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

Nik Kershaw 『The Works』を聴く

先週買った1枚105円のジャンクCDの1枚。
現在廃盤。
アマゾンでは中古でも3500円の値が付いている。
帯なしだけど、盤もケースも歌詞カードもピカピカの掘り出し物。国内盤。

ザ・ワークス

地味になって売れなくなった後のニック・カーショウ、89年の作。
LA録音、ドラムはヴィニー・カリウタ。ラストの1曲はジェフ・ポーカロ!

もちろんポップ・ソングであるからして、派手に叩きまくってるわけではないけれども、決して無駄遣いでもない。
結果的にはこのタイトなリズムがアルバム全体をワンランク上の仕上がりにしている。
スネアのタイム感とヌケの良さが爽快。
随所でシンバルワークにもニンマリさせられる。

全体としては、後期のスクイーズを思い出すような、地味だけれども品のよい職人芸的ポップ。
好感の持てる佳作だ。

こういう拾い物があるからジャンク漁りはやめられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

『テクノマジック歌謡曲』を聴く

前に聴いた『イエローマジック歌謡曲』 の姉妹編、『テクノマジック歌謡曲』
こちらは、YMOが関わっていないテクノ歌謡のコンピレーション。

テクノマジック歌謡曲

見事に知らない曲がずらりと並んでいるのでちょっと躊躇したんだけど、disc 2 に堀ちえみの「Wa ショイ!」が収録されているのに気がついて、やはりこれは聴かねばなるまいということでレンタル。
クレジットを見ると85年だから、当時自分は高3。
堀ちえみには何の興味もなかったんだけども、白井良明の手によるこの曲をラジオで聴いて(確か坂本龍一のサウンドストリートではなかったかと思う)いたく気に入り、シングルを買い求めたのだった。
今も実家にはドーナツ盤が眠っているはず。
もう80年代も中盤だから、サンプラーなんかも使ってるし、テクノ歌謡と言うにはぎりぎりのような気もするけど。
同時期の森尾由美にもテクノ風の好きな曲があったんだけど、それは収録されていない。
なんて曲だったか思い出せない。

それにしても、やはり恐るべきは田中雄二の解説。
へえーの連続。
これ読むだけでも買う価値あるかも。

試しに disc 1 の1曲目、アパッチ「宇宙人ワナワナ」の解説を以下に引用してみましょう。

“矢澤泰代、阿部美和子、大田三知子で結成されたキャンディーズ・フォロアーの3人組で、「恋のブロックサイン」でデビュー。太田裕美で知られる白川隆三プロデュースで、矢野顕子、喜納昌吉作品で大胆なエレクトロニクス導入を手がけた矢野誠が編曲している。当時、矢野はジョルジオ・モロダーの翻案的ユニット、マコト・ハイランド・バンドをCBSソニーからデビューさせており、本作はいわばその副産物。神谷重徳をMC-8のプログラマーに迎えたサウンドは、同メンバーによる近田春夫「ああ、レディ・ハリケーン」同様のテクノポップ歌謡の真骨頂に。インベーダー・ゲームの効果音をシンセで再現し、ベースラインを組み込んだ編曲の仕上がりは見事。本物のテレビゲームの音を使う計画もあったと聞くYMO「コンピューター・ゲーム」や、細野が手掛けた同路線の3人組、スターボーよりも、突き抜け方ではこちらのほうに軍配があがる感じか。”

2枚組で37曲、全曲にこれくらいのボリュームの、日本のテクノの裏トリビア満載の解説がついてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

憂歌団『ベスト撰集』を聴く

憂歌団は、ライヴはもう何回観たかわからないくらい足繁く通ったけど、よく考えたらCDはたいして持っていない。
フォーライフ時代の作品は、その当時に見本盤をどさっとまとめてもらったのだけれども、正直言ってどれも出来はいまいちで、やっぱり憂歌団はライヴが命であって、スタジオ・アルバムは面白くないものだと決め込んだ。

それでCDもライヴ盤だけを買うようになって、スタジオ盤は基本的にスルーしてきたのだけれども、先日、いつものレンタル屋で何故か歌謡曲のコーナーにベスト盤が1枚だけ置いてあるのを発見。
なんとなく借りてみた。

ベスト撰集

これがとてもよい。
考えてみれば、自分がダメだと思ったのは全てフォーライフ時代のものだけれども、それ以前の、ショーボート時代の作品はスタジオテイクを聴いたことがなかった。
もう25年以上もファンやってんのに。
憂歌団がひたすらライヴで演奏し続けた代表曲の大半は、初期のショーボート時代の曲だ。
そしてそれら初期の曲は録音もシンプルで、スタジオテイクもとてもよいということが、今頃になってわかった。
「嫌んなった」も「オバチャン」も、とても愛着のわく良いテイク。
調べてみたらこのCDはもう廃盤になっているようで、惜しい。
「パチンコ」や「君といつまでも」や「イコマ」や「テーマ」の、たぶん聴いたことないと思われるライヴテイクも収録されている。

やばい。ショーボート時代のアルバム、コンプリートしたくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

今日の収穫

またついうっかり立ち寄ってしまったジャンクCDコーナー。
今日の収穫はこちらの10枚。

Dscn0040


上の列、左から順に、

Set The Tone / Nate James
Filth and Dreams / Swing Out Sister
Keith Sweat / Keith Sweat
Runaway Horses / Belinda Carlisle
Love & Life / Mary J. Blige
Corinne Bailey Rae / Corinne Bailey Rae
The Works / Nik Kershaw
I'm Your Baby Tonight / Whitney Houston
Forgiven, Not Forgiven / The Corrs
The Cinderella Theory / George Clinton

全部105円、しめて1050円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧