« cowon J3 を買う | トップページ | cowon J3 を使う …… 音質チェック編(1) »

2012年3月 7日 (水)

cowon J3 を使う …… ジャケット画像の表示編

PCオーディオでは、CDex でCDからリッピングして wav か flac で外付けHDにファイルを保存、foobar2000 で再生している。
再生するときに、foobar 2000 でジャケット画像なんかを表示できる機能があることを知らないまましばらく使ってたんだけども、最近になってやり方を覚えた。

Sn3t0136


どうも自分には、とりあえず音がちゃんと出たらそれで満足してしまって、それ以上の探究心がストップしてしまう傾向がある。
おっさんになって余計そうなってきてるかもしれん。
foobar2000 にはおそらく他にも優秀な機能が備わっていたり追加できたりするんだろうから、少しずつ勉強したいと思う。

ただ、ジャケット画像は、CDex では iTunes みたく自動取得してくれるわけではないので、自分でネットで拾ってこなくてはならない。
面倒といえば面倒この上ないけれども、その日再生したアルバムの画像が未取得だったら、検索して拾ってきてファイルを貼り付ける、というくり返しでぼちぼち集めることにした。
それもまた一興。
やっぱり再生中にジャケ画像があるのはちょっと気分がいい。

やり方は至極簡単で、拾ってきた画像に、front とか cover とか、裏面だったら back とかのファイル名をつけて、アルバムと同じフォルダに放り込むだけ。

そして、そのやり方はそのまま cowon J3 にファイルを移しても通用することがわかった。
J3 の場合は、ファイル名「cover」をジャケ画像として認識するので、拾ってきた画像は最初から cover で全て統一しておくことに。
あとはアルバムフォルダごと、microSDHC にコピーして J3 に突っ込むだけ。

これが J3 のスロット。

Sn3t0141


ちょっと出し入れしにくいのが難点。
特に出すときは最初戸惑った。
手のごつい人は難しいと思う。

Sn3t0139


このとおり、無事認識されました。

|

« cowon J3 を買う | トップページ | cowon J3 を使う …… 音質チェック編(1) »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

JPNがいいね。
J3欲しくなって来たよ。

投稿: torrissey | 2012年3月 9日 (金) 00時55分

ふふふ、そうでしょ。
でも、冷静に考えれば、やっぱmacユーザーなら iTunes で PCオーディオも iPod もクラウドも一元管理するのがどう考えても便利よねえ。まあそれがAppleの戦略ではあるわけだけれども、もういっそ囲い込まれちゃうのが楽かと。
ただ、追々書くつもりだけど、cowon のJetEffect っていうイコライザは、予想以上に使える!
完全に音楽だけって割り切って使うなら、J3 じゃなくて C2 っていうのが、安いしちっちゃいし、出たばっかりだし、JetEffect もmicroSDスロットも搭載だし、いいかもです。

投稿: riki | 2012年3月 9日 (金) 22時44分

それと、世に Apple のエンスーは星の数ほどいるけれども、cowon エンスーは圧倒的マイノリティだから、ちょっとひねくれ者の優越感をくすぐるよな(笑)。

投稿: riki | 2012年3月 9日 (金) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: cowon J3 を使う …… ジャケット画像の表示編:

« cowon J3 を買う | トップページ | cowon J3 を使う …… 音質チェック編(1) »