« 井上陽水ライヴ『もどり道』を聴く | トップページ | 引越し後のDIY(2) »

2012年1月13日 (金)

引越し後のDIY

一軒家に引っ越してやがて1年。
無理して広い家を借りたので、延床面積が前のマンションの2倍近くになったはいいが、その分、家具や調度品も不足した。
しかも、なにぶん無理しているので家計が逼迫しており、なかなか家具まで手が回らない。
時間はかかるが、なるべくDIYでなんとかすることにした。

以下、この1年で作ったものあれこれ。

まずはダイニングテーブル。

001_2

天板は1820mm×910mm×25mmのパイン集成材をそのまま使用。
詰めれば大人8人くらい座れます。
幕板はSPF材で、脚はヒノキ。
天板のパイン集成材は、このサイズで6千円弱という格安品を見つけて一気にやる気が出た。
材料費はジャスト1万円くらいであがっている。

P1010120_2


塗装はWATOCOオイルフィニッシュ(エボニー)。


サンダー持ってないので、サンディングが超大変だったけども、オイルサンディングも丁寧にしたので、なかなかの質感になりました。
塗料代等を入れても1万5千円かかってないと思う。
このサイズ、買ったら10万はくだらないはず。
がんばりました。
嫁の友達がみな褒めてくれます。

P1010116


あわせてぴったりサイズに作った長椅子。
SPF材なので、材料費は3千円くらい。
これはDIY本で見つけた作り方をそっくり真似ました。
子供3人座らせておくのにすごく重宝。

P1010122


端材で作った調味料入れ。
簡単にできたけど、自分ではなぜかすごく気に入ってます。

P6180134


ダイニングチェア。
椅子は難しい。
手間がかかってめんどくさい。
嫁に迎合して気の迷いでカントリー風のペイントにしてしまった。
テーブルに合わせて、全部WATOCOで仕上げればよかった。
これだけ見てると悪くないんだけど、テーブルと合ってません。
また暇になったら作り直したい。

P6180126


もう1脚。
これは捨てられそうになっていたのを拾ってきて、釘を打ち直して塗装しなおした。
なんか幅が広くて座りの浅い変な形で、座り心地よくないんだけど、おそらく30年は経っていると思われる座板はなかなかいい雰囲気。

今日のところはこのへんで。

|

« 井上陽水ライヴ『もどり道』を聴く | トップページ | 引越し後のDIY(2) »

DIY」カテゴリの記事

コメント

はじめましてm(_ _)m
テーブルのかっこよさに惹かれコメントしてしまいました!!
うちも最近広い家に引っ越し、あ〜ダイニングテーブルほしいなぁと思っていますが、予算がありません(笑)
どのようにすればそのような美しい感じに仕上がるんでしょうか?

投稿: こいちろ | 2012年12月21日 (金) 11時43分

WATOCO のオイルフィニッシュを、説明書きに忠実に使用しました。
オイルサンディングを丁寧にやるのが大事かと思われます。
そんなに難しくないと思いますよ。

投稿: | 2013年2月 1日 (金) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引越し後のDIY:

« 井上陽水ライヴ『もどり道』を聴く | トップページ | 引越し後のDIY(2) »