« PCオーディオへの道(7) | トップページ | 謹賀新年 »

2011年11月 6日 (日)

PCオーディオへの道(8)

CDからのデータの取り込みとファイルのエンコード用に CDex、ファイル再生には foobar2000 という、いずれもフリーソフトをインストール&日本語化して、PC上のファイル操作までは難なくクリアした。
前回書いたとおり、これらのフリーソフトの良い点は、とにかく動作が軽いところ、そして、PCオーディオをたくきよしみつ流に実践していくならば最も重要なのは、直接 flacファイルでリッピングできるところだ。
(その後、結果的には、自分は flac ではなくて無圧縮の wav で保存していくことにした。最近の外付けHDDの価格を鑑みるに、圧縮しなくても十分イケると判断したので。)

ただし、デメリットもないではない。
iTunes や WMP なら、CDのデータを自動取得する際にジャケットの画像まで取り込んでくれるが、CDexはそこまではしてくれない。
アルバムタイトルや曲名は、ネット上のフリーデータベースから、相当にレアだと思われる作品でも予想以上にガンガン取得してくれる(ブートレグでもOKなのもあった)んだけど、これでジャケットのサムネイルも表示してくれればなあっていう気持ちはどうしてもあって、それがちょっと残念。
でもまあ、なんせPCオーディオなんだから常に目の前にPCがあるわけで、ジャケットを確認したくなったらすぐにネットで検索すればいいかと割り切ってしまえば、この問題はまあよしとする。
それよりも動きが軽快な事のほうがよほど大事だ。
ついでに言うと、CD本体が手元にないということは、作曲者やミュージシャン等のクレジット関係もすぐには確認できないことが大きな問題点として残る。
しかし、これに関しても、たいていはネット検索で日常的にはほとんど問題はない。
正直、このあたりがPCオーディオを始めるにあたって最も抵抗を感じていたところだったし、実際それは不満な要素として確かに残るのだけれども、すっかりPC再生が軌道に乗った現時点においては、やはり便利さのほうがかなり上回ると言う他ない。

要するにこれにて【1】と【2】はクリア。

さて、難しいのはここから。
前回の【3】および【4】。foobar2000 で再生した音声信号を、どうやって外へ送り出し(【3】)、どのような経路でアナログアンプへ受け渡すのか(【4】)。
オプションが多い上に、ここからがいよいよ初めての領域であって、とにかく最初は右も左もわからない。

勉強の結果、結局この【3】と【4】は、トータルで同時に考えて決めなければいけないということがわかってきた。
このへんがPCオーディオに馴染みのない人にはいちばんわかりにくい部分だと思うので、自分が理解した範囲内で解説してみます。

基本的には、PCとアナログアンプを仲介するのは、オーディオ・インターフェイスということになるのだけれども、どうもこれが曲者であって、最初はとにかくどれを選べばいいのかまったくわからない。
というのも、オーディオ・インターフェイスっていうのは、そもそもがオーディオ用に設計されているわけじゃなくて、単にアナログ信号をPCで扱えるようにするためのチープな感じのデバイスが多く、そうでなければ、DTM(最近はDAWっていうのか)用で、音楽を聴くと言うよりは作る側の、つまりマイクやギターやMIDI信号をそのままつっこめたりするようなやたらと多機能なものだったりする。
ONKYO のオーディオ・インターフェイスというのがだいぶハバをきかせているようで、これならオーディオメーカーのものだし、なんとなくよさそうな気もするけども、ほんとにそうか。
なんか調べてても、PCから音楽を再生するためと言うよりは、レコードやカセットテープのようなアナログ音源をデジタルデータ化するために使うことをまずは想定して作られているような雰囲気だ。
デジタル→アナログの変換は、音質に関わる重要なプロセスであるはず。
こんなお手軽な感じのデバイスに、そんな大事な仕事させといていいのか……。

……いけないらしい。

音質にこだわるならば、やっぱり安っちいオーディオ・インターフェイスなぞにD/A変換させてはいけない。
正しい経路は、PC → インターフェイス → (デジタルアウト) → D/A コンバータ → アンプ ということらしい。

ということは、まず、オーディオインターフェイスは、デジタル出力を備えたものでなければならない。

これは調べてみると比較的ハードルの低い条件なのだけれども、実はもう1つ重要な条件があった。
ASIO対応、である。
また何やらよくわからないものが出てきた。
ASIO とは……?

PCは、どんなPCでも音は出るわけで、別にPCでオーディオやるつもりない人でも多様な音声データを扱わなければならないから、当然ながらもともと音声を再生するシステムが備わっている。
例えば windows XP には「カーネルミキサー」という、どちらかというとフライドチキンか何かを製造しそうな名前のものが組み込まれていて、あらゆる音声データはこれを通過する仕組みになっている。らしい。
しかし、当然ながらこのカーネルミキサーは、いかなる音声データでもとりあえず再生できるということがまずは重要なわけで、音楽を高品質で再生するようなクオリティには設計されておらず、むしろ「とにかく音が出りゃいいや」というレベルのものでしかない。
従って、オーディオ用の音声信号をPC外部に送り出すには、何とかしてこのカーネルミキサーを迂回しなければならないらしいのだ。
それを可能にするのが、ASIO(アジオ)なるオーディオデバイスのドライバ、らしい。

そこまではわかったのだけれども、ここで行き詰まった。
ASIOを使うには、ASIO対応のオーディオ・インターフェイスが必要なのだけれども、そんな都合のいいモデルが見つからないのだ。
デジタル出力端子があり、なおかつASIO対応で手頃な値段のもの……。
そういうモデルはなぜか既に生産終了の古いものばかり。

うーん、これはおかしい。
PCでオーディオを鳴らすくらいのことがもはやそれほどマニアックな行動であるはずがない。
そのための製品がこんなに見つからないのは変じゃないか?
おれ、何か間違ってないか???

……間違ってました。

なんとかしてASIOを使わなければならないのは、windows XP 時代の話。
よくよく調べてみたら、vista以降は、wasapi なるドライバが windows にも標準装備されていて、これを用いればASIOと同等かそれ以上の効果がある、とのこと。
自室でオーディオ用に使うPCは、前の家では家族共用にしていた東芝のdyanabookで、OSは vista だ。
ソフトが wasapi に対応している必要はあるが、foobar2000 は当然のごとく対応済み。
foobar2000の設定で、ドライバにwasapiを指定して、はいおしまい。
何も問題なかったのだ。
これで1週間くらい悩んだのに。

さて、仕切り直し。
ん? そんじゃあどうすりゃいいんだ?

|

« PCオーディオへの道(7) | トップページ | 謹賀新年 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCオーディオへの道(8):

« PCオーディオへの道(7) | トップページ | 謹賀新年 »