« PCオーディオへの道(中入) | トップページ | PCオーディオへの道(7) »

2011年10月27日 (木)

PCオーディオへの道(6)

息子の部屋に置いたJ213PRO は、十分なほどによく鳴ったのだけれども、同時に限界も感じた。
やっぱりこのサイズのスピーカーは、このサイズなりにしか鳴らない。

以前、師匠のところで、小型ながらとんでもなく鳴るフルレンジ1発のスピーカーに感動したことがある。
とにかくフルレンジだから音像がばっちり決まる。
それでいて低域もちゃんと出ている。
その印象が強烈で、小型のスピーカーを置くならあんな感じに鳴らしたいというのが、漠然としたイメージとしてあった。

しかし、それはやはり1本ウン十万のスピーカーなのであって、いくらヤフオクで中古良品を物色したところで、想定している2~3万程度の予算でそんな音が得られるわけはないのだ。
当たり前だけど。

その当たり前のことに、息子のオーディオを組んでみてあらためて気づいた。

て言うか、2~3万では息子オーディオの音さえ超えられ可能性も高い。
ヤフオクの相場を観察するにつれ、ますますそう思えてくる。

そう。なんのことはない。
どんどん欲深くなっているだけだ。
どうせベッドサイドオーディオなんだからそこそこ鳴れば十分、って最初は思ってたはずなのに、どんどん求める水準が上がってきている。

うーむ。

それだったらいっそ…………、アレか?

……そうだ、アレがある。
実家にはまだアレが眠っているではないか……。

そのサイズゆえに、当初は思ってもいなかったアリモノ。
中3のとき、息子オーディオに使った A-819 と同時に買い与えられたあいつ。
あれを置いちゃえばいいじゃないか……。

ネットで改めてサイズをチェック。
調べてみると、意外なことにあいつも「ブックシェルフ型」。
ただし大型の。
大型のブックシェルフって、語義矛盾じゃないのかね。

でも、置けそうだ。
自室の狭小スペースにでも、なんとかおさまりそうだ。

中3から高校卒業まで鳴らしまくり、大学に入って上京するときには大きさゆえに連れて行くのを断念。
卒業して実家に戻ってから少しは使ったんだったかどうだったか、その辺の記憶がなぜか全くないのだけれども、使ったとしてもわずかな期間だと思う。
使ってなかったとしたら、25年以上鳴らしていないことになる。

鳴るかな。
腐ってないかな。

とりあえず持ってきてみよう。
押し入れにずっと入れてあるから、傷やホコリからは守られているはず。

……で、持ってきました。

Sn3t0163

パイオニアS-180A

当時のベストセラーモデルで、一応銘機と呼ばれている。
ややドンシャリだが、明るくパワフルな鳴りのスピーカーで、状態の悪いものでも、オークションではそれなりの値がつく。
中学生なりに、いろんなオーディオ雑誌のレビューやショップの店員の話を参考にして相性を考え、A-819と組み合わせた。

ウーハーのエッジがウレタン製なので、それはさすがに劣化してボロボロ。
ご覧の通り形は残っているけれども、触ると崩れてきそう。

しかーし。
それ以外は、想像以上にきれいで、カドもぶつけてないし、目立つ傷も全くなし。
ぴっかぴかじゃん!
こんなにきれいなS-180Aってそうそうないんじゃないの??

これはイケるかもしれん、と急に期待が高まった。
いや、もう大丈夫に違いない。

アンプがないから音出してチェックができないけど、鳴るに違いない。
息子の部屋にでも持ってってつないでみりゃいいんだけど、面倒だ。
もう音は出ると決めた。
そして、こいつで行くと決めた。
だってこんなにきれいなんだから、使わなきゃもったいないじゃん。

ウーハーのエッジは、ネットであれこれ調べた結果、自分でなんとか補修できそうだということもわかった。
DIY用に部材を販売しているショップもある。
鳴らなかったら自分で直す!

……かくして、ほんの簡易オーディオのつもりが、どんどん大げさになってきた。
その代わり、スピーカーに金を費やさずに済むことにもなった。
その分を、残るアンプにつぎ込める。
ますます楽しくなってきた。

さあ、次はアンプだ。

|

« PCオーディオへの道(中入) | トップページ | PCオーディオへの道(7) »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCオーディオへの道(6):

« PCオーディオへの道(中入) | トップページ | PCオーディオへの道(7) »