« 『アメリカ音楽史』大和田俊之 を読む | トップページ | PCオーディオへの道(2) »

2011年9月29日 (木)

PCオーディオへの道(1)

きっかけは携帯電話だった。

2005年の春に生まれて初めて買った携帯を使い続けること6年。

Sn3t0169


オサイフケータイどころか赤外線通信ですらきず、高校生とかに見せると、「それ何? え? 携帯?」などと言われる始末だったが、まだ電池ももつし、ずっと使うつもりでいた。
が、6年目にしてあえなく水没。
不本意ながら機種変更せざるを得ない状況に追い込まれた。

時すでにauもスマホの時代。
しかし、携帯にそんな混みいった機能は求めていない。
デザイン重視で iida のG11にした。

買い換えてみて、その多機能ぶりに驚いた。
別に普通の携帯なんだけど。
21世紀において、6年の歳月はあまりに長かった。

それまでは、iPod をはじめ、デジタルミュージックプレーヤーにも一切無縁だった。
外で音楽を聞く機会などほとんどないし、あんなローファイでわざわざ聴こうとも思わない。

しかし、G11にも、microSDをぶち込めば相当な量の音楽が持ち運べると知り、ちょっと試してみようと思い立った。

ノートパソコンに LISMO Port をインストールし、片っ端からCDを取り込んで、携帯に転送する。

いざやってみると、これがなかなか楽しいではないか。
イヤホンも、SONY のEX500SLを購入。
もちろん、決して満足のいく音が出るわけではないけれども、外で聴くならこれで十分じゃん、と。
別に iPod とかいらないじゃん、とか。

なんせ、そうやって音楽を持ち運ぶということが初めてなので、それだけで楽しくて、ころっと宗旨替えと相成った。
手当たり次第に気に入ったCDをぶち込んでいく。

が、しかし。
楽しかったのもほんのつかの間。
しばらくすると、だんだん疑問が生じてきた。

まず、CDを取り込むのが、やたらめんどくさい。
しかも、いったんPCに取り込んでから、また携帯に転送しなきゃならない。
なおかつLISMOでPCに取り込んだデータは、WAV ではなくて、ATRACとかいうソニー系のフォーマットであって、さらにそれを携帯に転送すると、HE-AACなどというファイルに変換されてしまう。

つまり、こんなに苦労して携帯(内のmicroSD)に取り込んでも、たとえばそのmicroSDを引っこ抜いて他のプレーヤーで聴くっちゅうこうとはできないし、PC内にあるデータも、例えば Apple の機器などには送れないというわけだ。

最初は楽しかったんだけども、これは割に合わないんじゃないかと思えてきた。
microSDカードがオシャカにでもなったら、泣くに泣けない。
これは何かが間違っている。

そう感じていたところ、偶然手にとったのが、講談社ブルーバックスの、「大人のための新オーディオ鑑賞術」by たくきよしみつ

これを読んで、一気に啓蒙されてしまった。

うーむ、なるほど、そうだったのか。
やはり地道にこつこつ携帯にCD取り込んでても報われないのだ。

この本をきっかけにして、事態はあらぬ方向へ進展するのであった。

|

« 『アメリカ音楽史』大和田俊之 を読む | トップページ | PCオーディオへの道(2) »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCオーディオへの道(1):

« 『アメリカ音楽史』大和田俊之 を読む | トップページ | PCオーディオへの道(2) »