« 2010年11月 | トップページ | 2011年3月 »

2010年12月

2010年12月26日 (日)

講談社 RATIO スペシャル・イシュー『思想としての音楽』を読む

chinsan が送ってくれました。
とりあえずは読めとご指示いただいた巻頭の「菊地成孔vs片山杜秀」対談と、巻末の「許光俊vs片山杜秀」対談を読む。

めちゃくちゃ面白い。
特に巻末の許光俊と片山杜秀の対談「最高の演奏を求めて」は、読み始めたら止まらなくなるほど面白かった。
2人ともクラシックの批評家であって、したがって自分などはまるで門外漢であるにもかかわらず、だ。

あまりに面白くて、書いてみたいネタが満載なのだけれども、長大になりそうなので、今日はまず手始めに、巻頭の方の菊地成孔と片山杜秀の対談「ポップと退屈-退行の時代の批評」について感想を少し……。

そもそも菊地成孔という人は、ぼくは前からなんとなく虫が好かなくて、もともとあまりよいイメージを持っていない。
もっとも著作は1冊も読んでいないので無責任には違いないけれども、逆に言うと、ネットやら雑誌やらでちょこちょこ発言を拾い読みしただけでも、「なんとなく虫が好かない人だ」と思ってしまうからこそ読む気になれないとも言える。

今回の対談を読んだ感想も、「やっぱりなんとなく虫が好かない」、だった。

例えば菊地は、自分はロックとフォークに関しては不感症だ、みたいなことをよく言っているけれども、この対談の冒頭でもやはりその話から始まっていて、「ロックに対しては『差異化』の耳が働かない」というような言い方をしている。
(「差異化の耳が働かない」というのは、要するに、みんなほとんど同じに聞こえちゃう、というくらいの意味。)

曰く、
「……結局、中心が掴めないんだと思います。中心がなくては差異化もへったくれもないない訳ですよね。ビートルズは音楽的にもの凄すぎて、ロックなんだかなんだかわかりませんし、ロカビリーやエルビスは大好きですが、あれはジャズやR&Bの白人型変種にしか聴こえないから安心して大好きなんです。……」
「……その点モダンジャズははっきりしていて、チャーリー・パーカーがモダンジャズの中枢にあって、あとはその展開でというような近代史観がすごいはっきりしているんです。……」

これは、自分のような“ロック側”の人間からしてみれば奇妙な物言いで、そっくりそのまま逆だって言えそうな気がする。
つまり、
「チャーリー・パーカーは音楽的にもの凄すぎてジャズなんだかなんだかわかならいし、マイルスやハービー・ハンコックは大好きだけど、あれはソウルやファンクの亜種にしか聴こえないから安心して大好き。その点ロックなんかははっきりしていて、ビートルズがロックの中枢にあって、あとはその展開でというような近代史観がすごいはっきりしている……」
で何も問題ない気がするのだけれどもどうか。

まあ、確かに菊地は「ロック」という言葉をかなり狭義に使っているようではある。
ロックはダメだけど、ポップスは好きだ、と。
ストーンズでもニルヴァーナでも、1位になったものはポップスって言えるんだっていう方便は使う、と。

だから、言わんとしている感じはよくわかるのであって、特に、90年代あたりからは差異化の喜びが完全になくなった、なんていうくだりには、共感さえ覚える。

が、だとしたら、菊地が言わんとしていることは、ほとんど語る必要もないような些末なことであって、結果的にあまり意味がないとしか思えない。
て言うか、菊地は、「ロックを聴く醍醐味が掴めていない」とか「生理に合わないんだと思う」とかいうような、一見謙虚な言い方をしてはいるのだけれども、結果的に伝わってくるのは、“自分はもっと音楽的にレベルが上のものにしか反応しませんよ”的な、権威主義の匂いだけなのだ。
それならハナからわざわざロックやフォークの話なんかしなけりゃいいじゃないか、と言いたくなる。

そんじゃあこの対談の何が面白かったかと言うと、確かに菊地成孔はやっぱり虫が好かないんだけれども、それでもやはり問題提起としては、興味深い話題がたくさんでているからだ。
その「差異化の耳」の話から始まって、聴く側の音楽に対する「リテラシー」の問題、「音楽に解説は必要か」の問題、「ポップ・アナリーゼの可能性」(アナリーゼというのは、技術分析のこと。だと思います)について等々……。
なんだかんだ言って、ロックの批評は、こうしたクラシックやジャズの批評とは比較にもならないようなお粗末なものがほとんどであって、こうした問題に正面から向き合おうという姿勢自体は、それだけでも感心してしまう。

対談のサブタイトルでもある「退行の時代の批評」というのは、要するに、聴き手が経験や勉強を積み重ねることでどんどんリテラシーを高めていく……ということが起こりにくくなっている「退行」の時代において批評はどうあるべきか、といったような意味合いであると思う。
だとしたら、そうした問題提起をしている菊地自身が、同時に、その発言の端々から匂わせる権威主義の(ほんとは“スノビズムの”とも言いたい)香りによって、自ら反面教師になってしまってはいまいか。

文学や美術と同様、やはり音楽にも鑑賞者側のリテラシーの問題はつきまとう。
結局のところ、そこがいちばん難しいとさえ言える気がする。
ジャズやクラシックは、誰にでも「わかる」というものではない。
水嶋ヒロの小説を喜んで読んでいるおねえちゃんに、ドストエフスキーの研究者が何を語れるのか。
おねえちゃん、あんたわかってないよ、と言うことにどれほど意味があるのか。
いや、そもそも、「わかっている」専門家は、本当に「わかっていない」おねえちゃんよりも「正しい」のか。

……こうした問題も含め、音楽批評の困難な問題を、爽快なほどに次から次へとバッサバッサと片付けていくのが、巻末の許光俊という人。

次回はそっちについて、気力が出れば書きたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

wowowに加入

過日、利用しているインターネット・プロバイダから突然電話がかかってきた。
wowow に2ヶ月間無料で加入させてやる、と言う。

マンション経営しませんか?や、子供の塾の勧誘から、NTTの「お得な電話料金プランのご案内」に至るまで、この手のセールス電話には人一倍キレやすく、特にタチの悪いものには罵詈雑言を浴びせてしまうことも少なくないのだけれども、その日は何故か機嫌がよかった。
WOWOW、ちょっと観てみるのもいいかも、って素直に思ってしまった。
何もこちらで設定する必要はないようだし、まあ2ヶ月観て、電話1本で解約すればいい。

で、2ヶ月がすでに経過したのだけれども、結局解約せずに見続けている。
相手の術中に見事にはまった格好だ。

パフュームのドームライブが観れた、という大きな収穫もあったけれども、音楽や映画は、正直それほど魅力的なプログラムはない。
映画はハリウッド大作路線のものが中心で、NHKのBSで放映されるものの方が余程趣味に合うし、音楽も同様。
矢沢永吉や福山雅治のライブとか観てるほどヒマではない。

が、しかし、1つだけ、完全に夢中になってしまった番組がある。
毎週月曜夜8時のボクシング番組、「エキサイトマッチ」だ。
この番組を見続けたいがためだけに、契約解除に踏み切れなかった。

もともとボクシングが好きなのだけれども、通常の地上波では、なかなかおもしろいボクシング中継が観られない。
亀田3兄弟の試合など観ても、何も面白くない。

エキサイトマッチは違う。
タイトル戦じゃなくても、めっぽう面白い。

とにかく、ジョー小泉と浜田剛史の解説が素晴らしい。
ちょっとしゃべりすぎと思う人も多いかもしれないが、2人ともたいへんな博識である上に、極めて中立的。
基本的に海外選手の試合ばかりだからしがらみも何もないはずだし、BSという気楽さもあるのだろう。2人とも、自由奔放にしゃべる。
それが実に勉強になる。
「アメリカのセコンドはワセリンの塗り方が雑ですよねー」なんちゅうジョー小泉のトークが楽しくて仕方ない。

音楽でも食べ物でも小説でも、ちゃんとした鑑賞眼を身につけるには、まず優秀な解説者の存在というのが非常に大事だと思う。
その道のプロに解説を受けながら鑑賞することによって楽しみ方が徐々にわかるようになり、そうしてやっと自分なりの批評性を身につけることが出来る。
そういうものだと思う。

エキサイトマッチを観ていると、だんだんボクシングの見方がわかってくる。
それが嬉しい。

海外選手にはハングリーで荒削りなタイプがたくさんいる。
そういう選手をたくさん観れるのもいい。
あと、地上波みたいにラウンド毎にコマーシャルが入らないっていうのも実はすごく重要で、臨場感がまるで違ってくる。
当然ながら、コーナーで座ってるときの様子も含めての試合なのだ。

ハードディスクには、録画するだけして観ていないお笑い番組や音楽番組、映画等が大量にたまっているのだけれども、エキサイトマッチだけはすぐに観てしまうので、常に次が待ち遠しい。

ジョー小泉には是非末永く頑張ってもらいたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

イラン映画『桜桃の味』を観る

半年くらい前にBSで録画してあったイラン映画『桜桃の味』を観る。

どういうつもりで録画しておいたのか全く覚えてなくて、前知識もぜんぜんなしで、イラン映画ってどんなだろうか、インド映画みたいに急に歌い踊り出したりすんのかな、くらいにわかってなくて、何の気なしにふと見始めて、つまらなかったら観るのやめて消去しようぐらいのつもりだったんだけれども、いざ見始めたら実に優秀な芸術映画で、最後まですっかり見入ってしまった。

あとで調べたら、「第50回カンヌ国際映画祭において今村昌平監督の『うなぎ』と共に作品賞に相当するパルム・ドールを受賞した作品」とのことでした。
なるほど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

マニア限定! RCサクセション on youtube!

youtube にRCの超レア音源が満載なのに気付き、衝撃を受ける。

「マリコ」73年バージョン(↓)を見つけたときは、椅子から20cmほど飛び上がった。
視聴してみて、その出来のよさにさらに狂喜乱舞。
この音源の15年後にスタジオ録音されたバージョンとなにひとつかわらない。
投稿者の kokeshikiyoshi なる人物がこうした超レア音源を大量にアップしてくれているのだけれども、何者? 関係者?
いずれにせよ、感謝!

http://www.youtube.com/watch?v=nNn4TuPr1eQ

続いて、76年、京都府立体育館での井上陽水の前座のときの「夜の散歩をしないかね」。
ピアノが佐山雅弘、ギターが阿部昇、 ドラムは鈴木ウータン正夫で、あとはリンコさんと清志郎。
のちの「いわゆる」RCサクセションよりも全然上手い!(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=6w--NvWv5Ew

それとほぼ同じメンツ(?)と推測される、同じく76年の「Oh! Ya!」。
人気絶頂期に『Beat Pops』で初レコード化された曲だけれども、こっちの方がファンキーでかっこいい!
RCなのに16ビート!

http://www.youtube.com/watch?v=kFj4HSJr2ho

続いては、77年、渋谷ジァンジァンでの「私立探偵」。
もっさりした演奏だけど、『Feel So Bad』収録のスタジオ録音とはずいぶん歌詞が違う! 貴重!

http://www.youtube.com/watch?v=8a9U4_BkW6U

きりがないのでとりあえず最後。73年「ベルおいで」。
曲名は知ってたけど、初めて聴いた!
いい曲! 感動!

http://www.youtube.com/watch?v=BOfNYHF5zbY

この音質でもいいから、全部CD化してくんないかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年3月 »