« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年4月

2010年4月 2日 (金)

衣類乾燥機の故障

結婚してこの春で12年過ぎた。
うちの電化製品は全て結婚時に買ったものなので、どれもそろそろガタが来始めている。

地デジ化のせいで、意外にも最も早く買い換えることになったのはテレビだった。

が、エアコンも、冷蔵庫も、洗濯機も、どれもみなそろそろあやしい。

そうした中で、先頃、衣類乾燥機がついに壊れた。
中のドラムが、回っているような回っていないような微妙な感じで、衣類は全く温かくならず、従って全く乾かない。

12年前のモノなので、当然、最近のような洗濯乾燥機ではなくて、全自動洗濯機の上部に取り付けパーツで設置された、巨大な四角いやつ。
もうこりゃダメだろうと思ったので、価格comとかで買い換えを調べてみると、同タイプのものが3万5千円くらいで買える。
うちの家電は、義兄の社販を利用したので、全て日立製だ。
日立の現行製品を調べてみると、洗濯機に取り付けるパーツはなんと12年前と同一の型番で、そのまま今のと入れ替えてぴったり設置できる。

いっそ洗濯機ごと、いまどきの洗濯乾燥機に買い換えようかとも思ったのだけれども、サイズを測ってみると、ドラム式でも縦型でも、うちの洗面所の防水パンには収まらないことがわかった。

3万5千円くらいならまあいいだろう。
洗濯乾燥機は、洗濯も乾燥も仕上がりがいまいちだって言うし。

それで愚妻にも話して、もうこれで注文しちゃおうというところまでいった。

いったのだけれども、いや、どうせ捨てるんだから、一度自分でバラしてみようと思い立った。

休みの日、家族が出かけた隙に、一人で洗濯機の上から取り外し、さてどこのネジから外そうかと様子をうかがって、やはりここはオーソドックスに裏側のパネルを外してみるべきだろうと決めた。
で、外してみたら……。

何のことはない、裏側のファンとモーターをつなぐゴムのベルトが切れていた。
それでモーターが回ってもファンが回らず、正常に動作しないのだと思われる。

このベルトをつなげばいいだけのことであるのは明らかだ。

しかし、それが難しい。
ちょうど、小学生が使うような安物のゴムの縄跳びのようなモノで、それが直径30cmくらいの輪っかになっている。
素材自体は、弾力も太さも、まさに縄跳びで代用できそうなのだけれども、それが輪っかになっていないといけない。
結び目があっては、ファンやモーターの溝にはまらない。
うーん、どうしたものか。

ダメもとで、日立のカスタマーセンターに電話してみることにした。

こういうのは、素人が自分で修理するような設定にはなっていないはずで、従って、取説は見てないけど、どうせ、危険ですので分解しないで下さい、とか、故障の際はサービスセンターにご相談下さい、とか、そういう前提で、「修理扱いになりますのでお近くの代理店へお電話して下さい」とか何とか言われるのだろう。

と思ったら、あっさり、「修理部品の在庫がございます」。
「あのう、裏側のファンとモーターをつないでるゴムの丸いベルトみたいなの、取り寄せできませんか?」って言ってみたところ、「しばらくお待ち下さい」の後で、「お近くの量販店等で、『丸ベルト』で注文していただければ大丈夫です」とのこと。
『丸ベルト』っちゅう、見たまんまの名称にも拍子抜けした。

注文したら、3日くらいで届いて、735円。

一発で直りました。
めちゃくちゃ簡単。

とても気分がいい(笑)。

DIYの趣味が昂じて、まずは何でも自分でやってみようとするようになった。
やってみると、たいていのことは自分で出来る。
ネットで調べれば、ほとんどのことは解決の糸口が見つかる。
そして、自分で出来ることは自分でやった方が、たいていは満足感が得られる。
何より、手を抜かれる心配をしなくてよい。

3万5千円の予定が735円で済んだのだから、その分、しばらくは晩酌のお酒をランクアップしてもいいだろうと思う。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »