« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月25日 (日)

新潟出張

先週は、木・金と1泊2日で新潟へ出張。

そもそもぼくは、齢42にしてさえも、これまで本州では埼玉より北へ行ったことがない。
より厳密に言うと、越谷より北へ行ったことがない。
学生のときに、友達の家へ泊めてもらいに行った。
それが越谷だった。
北海道は、公私において何度か行ったことがあるけれども、それはやはり飛行機で行くのであって、本州の地面は、越谷より北を踏んだことがない。

だから、仕事とは言え、新潟に行けるのはちょっと楽しみだった。
出張の前後はめちゃくちゃに忙しくなるのだけれども、出張している2日間はほとんどが移動であって、実に楽な日程だ。

朝9時に名古屋を発つ。
東海道新幹線で、11時前に東京に着く。
そこからすぐに上越新幹線に乗り換える。

おお、これが上越新幹線か。
10両編成だ。
ビジネスマンが少ない。
乗ってる人、7割くらいが観光っぽい。
昼間っからビール飲んでる人も多い。
みなのんびりしている。

外の景色がすごい。
越後湯沢を過ぎると、特にすごい。
新幹線の駅なのに、周りが緑ばっかりだ。
駅前にスキー場があったりする。
誰も降りない。
誰も乗ってこない。

2時間弱で、初日の目的地である長岡に到着。
立派な駅だ。
でも、人が少ない。
構内も、駅の周りも、ほとんど人が歩いていない。
田中角栄ワインなるものが売られている。さすが。

夕方に仕事を終えて、すぐにまた上越線で新潟まで移動。
駅前のビジネスホテルに投宿。

新潟人はどんな言葉を話すのだろうかと興味津々だったのだけれども、仕事の相手も、ホテルの人も、みな普通に標準語を話す。
まるでおもしろくない。

荷物を置いたら、同行の2名といっしょにすぐ外に出て、6時前、あらかじめ調査してあった居酒屋へ。
新潟と言えば、何をおいても酒、魚だろう。

のどぐろ(赤ムツ)の刺身と焼き、鮭の白子焼き、柿の素(食用菊のおひたし)、女ガニなどを次々と注文し、ふだん飲めないような銘柄の地酒を片っ端から順に持ってきてもらう。
さすがにどれも美味い。
酒、それぞれ味は全く違うのだけれども、どれも美味い。
なんちゅうか、味は違えど、どれも一様に味が澄んでいる気がする。

のどぐろの刺身、めちゃうま
ちょっとタタキみたいにしてある。
その香ばしさ、そして身はトロのようにとろける。
焼いても味が濃い。

いちおう興味をそそるメニューは全て網羅したが、お代は1人5000円程度であった。
安い。
ネットでリサーチした店だったので不安だったけれども、正解だったようだ。

そのまま2軒目へ。
2軒目はリサーチしてなかった。
同行2名と相談して、その辺で適当に入る。

また刺身。
最後に寿司も少々。

新潟は、魚が美味くて米も美味いのだから、寿司も美味くてしかるべきだ。
しかし、そうでもなかった。
魚は美味いのだけれども、寿司を握る技術は、この店にはなかったようだ。

さらにホテルに戻ってからも、テレビ観ながら1人で缶ビールと缶チューハイ飲んじゃって、すっかりべろんべろんになって寝る。

2日目。
朝ゆっくりなので助かった。
なんとか宿酔いから立ち直った状態で仕事に向かうことが出来た。

9時過ぎにホテルを出て、昼前には仕事終了。
新潟駅周辺の寿司屋に入って昼食。
昨夜の2軒目で食べた寿司に納得いかなかったので、リベンジのつもりだったけれども、やはり感想は同じだった。
魚は美味しいんだけれども、寿司としてはどうも……。
どこかに美味い寿司屋が絶対にあると思うのだけれども、2日間ではたどり着けなかったらしい。

酒と土産少々買って、午後イチの上越新幹線で東京へ。
酒は、昨夜1軒目で飲んだ「〆張鶴」と「麒麟山」というのを買った。
もちろん自分用。
土産は笹だんご。

帰りの上越新幹線は、Max っていうんだったか、とにかく2階建ての車輌だった。
爆睡。
東京まで2時間強。
そこからまた名古屋まで2時間弱。
名古屋からうちまで1時間。

肩がめちゃくちゃに凝った。
まっすぐ家に帰らず、荷物持ったまま、うちの近所のいきつけの居酒屋にまた寄って、生ビールと焼酎飲んでから帰る。

翌日、土曜なのに出勤。

でもまあ楽しかった。
のどぐろの刺身が忘れられない。
またいつか食べに行けるといいなあと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

ホッピーとキンミヤ焼酎

今年の夏もホッピーをよく飲んだ。

ホッピーというのは首都圏あたりの文化らしく、学生で上京したばかりの頃は、ホッピーの看板をそこいら中の飲み屋の店先で見かけても何のことだかよくわからなかった。
結局、東京にいた間もほとんど飲んだことがなくて、地元に戻ってからはなおさら見かけることすらなくなっていたのだけれども、ここ数年、このあたりのスーパーでもちらほら売られるようになってきた。
プリン体ゼロ、というのにもちょっと惹かれて、2~3年前から家でも夏場はよく飲んでいる。
居酒屋では、まだこの辺でホッピーを飲ませる店は見たことがない。

そして、いつの間にやら、ホッピーはキンミヤ焼酎との組み合わせがベストであるというのが定説になったようで、この夏は、このあたりのどこのスーパーに行っても、大々的にホッピーとキンミヤ焼酎が並べて売られていた。
キンミヤ焼酎は、地元の酒造メーカーの酒だ。
甲類焼酎にそれほど繊細な味の差があるのかどうかよくわからないし、ましてやホッピーで割ってしまえば微妙な誤差は吹き飛んでしまうような気もするけれども、まあホッピー本社も認めているらしいから、そうなのだろうと思う。
確かにキンミヤ焼酎は、甲類の割にはレトロなラベルがいい感じで、少なくとも並べた感じの見た目の雰囲気はホッピーにとてもよく合う。

ネットでちらっと検索してみたところ、全国各地のみなさんは、このキンミヤ焼酎を入手するのにわりと苦労されているようだ。
ここいらでは逆で、キンミヤ焼酎はたいていどこのスーパーにでも売っている。
むしろ、ホッピーの方に苦労する。

ぼくは黒ホッピーが好きなのだけれども、それがなかなか売っていない。
世間には、55ホッピーなるものもあるそうだけれども、そんなのは飲んだことすらない。
あと、東京の居酒屋なんかで出てくる業務用のホッピーなんかも関東圏では普通に売っていて、しかも割安だという。
うちの近辺で売っているのは、黄色いラベルのホッピー330というやつばっかりで、しかもそれが1本120円とか130円とかする。
首都圏では100円以下が当たり前らしい。
低価格であるというのは、ホッピーにとってとても大事な要素であって、それが1本130円もしたら、買う気がなくなる。

ホッピーは、焼酎もグラスも冷やしておいて、氷を入れずに割ってかき混ぜずに飲む、というのが正しい飲み方らしい。
それも今年まで知らなかった。
やってみると、なるほどこれも一理あるっていう感じ。
確かに、ビールの代用品として飲むならこれが正しいのかもしれないけれども、もっと違う飲み方があるような気もする。

いずれにせよ、ここ数日急に涼しくなって、もう今年はホッピーは出番はなくなったと思う。
余ったキンミヤ焼酎をどうやって飲もうか思案中。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »