« 磯崎憲一郎『世紀の発見』を読む | トップページ | 遅読 »

2008年11月29日 (土)

Yole Yole『Live YoLeYoLe KaNeYoLe』を聴く

Yole Yole というのは、既に活動休止してしまったインディーズのバンド。らしい。
女ボーカルにアコギ、マンドリンという3人編成。
You Tube でなにかの拍子に「星降る橋」という曲のライブ映像を見て一目惚れ。即この2枚組ライブを購入しました。

歌は、クセが強いので好き嫌いがあるかもしれないけれども、上手でグー。
ギターとマンドリンは、技術的には特にどうってことないけど、よく心得た演奏で、これもまたよし。
何より、ライブの会場が「かねよ食堂」なるところであって、アットホームな空気感が心地よい。

カバー曲が多くて、選曲もいいのだけれども、概してこのバンドはオリジナルの方がいいと思う。
ちなみにカバー曲は、「o-o-h child」(この曲、ジャケットには作詩・作曲Bruce Ruffin と書いてあるのだけれども、間違いでは? Bruce Ruffin もカバーしてるだけですよ)、「蘇州夜曲」、ニューオリンズ・スタンダードの「IKO IKO」、細野晴臣「冬越え」、フェアグラウンド・アトラクション「Hallelujah」、高田渡「生活の柄」。
「冬越え」と「生活の柄」がよい出来。

白眉は、Disc2 の1曲目「冬越え」から2曲目の「星降る橋」(これは名曲!)であろう。
詞もいい。

就寝前になごめます。
これ(↓)見て気に入ったらぜひ。
http://jp.youtube.com/watch?v=zBFXtlW1yjU

なかなかいい買い物でした。

|

« 磯崎憲一郎『世紀の発見』を読む | トップページ | 遅読 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Yole Yole『Live YoLeYoLe KaNeYoLe』を聴く:

« 磯崎憲一郎『世紀の発見』を読む | トップページ | 遅読 »