« 週末 | トップページ | 自転車通勤 »

2008年4月22日 (火)

松本紀行

N井が結婚するというので、週末は松本市へ行くことになった。

考えてみれば、N井は中学のときに転校してきて、3年生の時に1年間同じクラスになって意気投合し、共に愚行の限りを尽くしたのであるけれども、いっしょだったのはその1年間だけであって、その後は高校も別だし大学も別で、どのようにして25年ものつきあいが続いているのかよくわからない。
何年かに1度、思い出したように連絡が来たり、こちらから連絡してみたりで、そう言えば20代の頃には2人で東欧を旅行したこともあった。
自分の結婚式にはN井は呼んでないのだけれども、今回も突然携帯にごく簡単なメールが届いて、ごく簡単なメールを返したところ、招待状が送られてきて出席することになった。

土曜日、名古屋からJRの「ワイドビューしなの」に2時間乗って松本へ。12時着。
駅前で適当に蕎麦屋に入って昼食。値段は高かったが味は特にどうっていうことない。失敗。
路線バスに20分ほど乗って、式場のお寺へ。

2時から結婚式。
仏式は初めてだったので、興味深く見る。
指輪ではなく数珠の交換をするのが見どころ。
簡単に終わるのもいい。

披露宴の会場は、お寺から歩いていける距離にある浅間温泉の旅館。
5時スタートで、お泊まり招待つき。
披露宴の後、温泉に入れて、なおかつ帰らなくてもいいというのは実によい趣向だ。

新郎側の友人関係の出席者は自分を含めて4人だけれども、他の3人は高校時代の友人とのこと。
うち1人は同じ中学出身、現在は同業者になっているO田であった。
中学時代はあまり交流はなかったけれども、同業であるので、どこかで10年くらい前に話したことがある。
友人関係の4人は相部屋だけれども、O田がいたおかげですんなり馴染めた。

5時まで部屋でのんびりした後、披露宴開始。
温泉旅館の大広間なので、床座であり、進行などは確かに普通の披露宴なんだけれども、雰囲気は忘年会か何かのよう。
お気楽な感じでくつろげるので、これもなかなかよい。
安心してビールと地酒をがぶがぶと飲む。
新婦に続いて、新郎のお色直しもあるというので何かと思ったら、N井が海パン一丁になって出てきた。
シャイで口数が少ないのに突如として破滅的な愚行に出る癖は、40を超えても変わらないらしい。
新婦はひとまわりも下の若い娘であって、その友人も皆若いので、少なくともその層にはたいへんウケていた様子でよかった。

披露宴の後は、だらだらと温泉に浸かり、部屋に戻って相部屋の人々と麻雀が始まった。
麻雀はおそらくここ10年ほどやっていなかったので、たいへん楽しい。
幸い皆自分と同じようなレベルなので、その点でも気楽に楽しめる。
追って新郎のN井も加わり、ビールと泡盛を飲みながら深夜にまで及ぶ。

翌日曜日。
再び温泉に浸かり、朝食の後、10時にチェックアウト。
相部屋の人々といっしょに4人で蕎麦の名店「浅田」へ。
焼味噌を肴に地酒の大吟醸をちびちびと飲みながら、ざるそばと十割そばを1枚ずつ食べる。
非常に美味い。

他の3人は午後イチの電車で帰るとのことだったので、食後に別れて、1人でぶらぶらと松本城まで歩く。
松本はまだどこも桜が満開で、天気もいいので、そこいら中でお花見をしている。
松本城もたいへんな人出だった。

1人なので、好きなペースで見られる。
本来、こういうところへ来ると、パンフレットも全部読んで、隅から隅までじっくり見たいタイプなのだけれども、大抵は家族や友人といっしょであって、なかなかそうもいかない。
今回は勝手気ままに2時間もかけて国宝の天守閣をじっくり見ることができて、すっかり満足した。
松本城はたいへんおもしろい。

おみやげを買って、3時前のワイドビューしなので名古屋へ。
夕方6時半頃帰着。
往復の電車で橋本治「日本の行く道」を読む。
帰りはほとんど寝て過ごしたので、少し読み残した。

|

« 週末 | トップページ | 自転車通勤 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

○井くんも、とうとう結婚ですか。
おめでとうございます。
それにしても、いーよねー、男子は。一回り下の若い子という選択肢もあって・・・

投稿: アレママ | 2008年4月24日 (木) 21時59分

いや、そういう選択肢、普通はないと思うけどな。

投稿: riki | 2008年4月25日 (金) 23時16分

私も一回り下が(上より)いいと思う。

投稿: ショーエ | 2008年4月30日 (水) 12時46分

あ、読み間違えた。誰もそんな話をしてたわけじゃなかったね。

投稿: ショーエ | 2008年4月30日 (水) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松本紀行:

« 週末 | トップページ | 自転車通勤 »