« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月25日 (金)

自転車通勤

新しい職場は交通の不便な場所にあるので、ほぼ全ての職員が車で通勤している。
うちにだって車はあるけれども、昼間、愚妻がどうしても使わなければならない日が少なくないので、常に自分が乗って行くわけにはいかない。
かといって、ただでさえ家計が逼迫している中、もう1台買う余裕などとてもない。
車自体は何とかなっても、マンション住まい故に駐車スペースがなく、しかもうちの近所は駐車場代が市内でも最も高い地域になっている。
そういうわけで、ここはひとつ、昨今流行りの自転車通勤で行くしかないと腹を決めた。

自宅から職場まで、距離にしておそらく4~5km。
自転車でも十分通勤可能、て言うか、本格的な「自転車通勤」にしては物足りないくらいの距離だろう。
が、しかし、今度の職場は、丘(と言うか、山)のてっぺんにあるのであって、その4~5kmの間の高低差は並大抵ではない。
10代の頃は、同じ道程を、変速ギアもないママチャリで平気でのぼっていたのだけれども、40超えてからはさすがに辛いかもしれない。
試しに走ってみたところ、まず最初の2~3kmは、そのほとんどが田んぼの中の吹きっさらしの農道であり、朝はおそらく1年を通じて山から吹き下ろしてくる向かい風にまともにさらされる。
この時点で相当に体力を消耗することが判明した。
もとよりこのあたりは強い風が吹く土地柄だ。冬の厳しさは想像するに余りある。
さらに最後の1km余りは延々と上り坂が続き、山のてっぺんまでのぼる。
20分弱で着くには着いたが、息は切れ切れ、汗まみれで、脚もガクガクする。死ぬかと思った。

これはいけない。
すぐにくじけそうな気がする。
しかし、この行程を毎日こなせば、3年間のデスクワークで衰えきった体力の回復にもつながるかもしれない。
あわよくばダイエットにもなるかもしれない。
何より、どのみち2台目の車の購入は考えられない。
やるしかない。

とすれば、毎日自転車で出勤するモチベーションを維持するための装置が必要だ。
自転車に乗るのが嬉しくなるような状況を作り出す必要がある。

そういうわけで、以前からほしいと思っていた新しい自転車を買うことに決めた。
この際、自転車を趣味にして、毎日の通勤を「趣味の遂行」と捉えるのがよい。

ほんとはマウンテンバイクが欲しい気がするのだけれども、大したことない距離の街乗り専門だし、買ってもあまり意味がない。
ロードバイクに乗るにも、通勤経路の路面状況は悪すぎる。
いや、そもそも、ちゃんとしたマウンテンバイクやロードバイクを買うほどの余裕もないし、そんな贅沢をする必要性もない。
やはりここはおとなしくクロスバイクというジャンルでおさめておくのが大人の対応であろう。

悩んだ挙げ句、GIANTのESCAPE R3というモデルに決めた。色は白。
自転車屋からのにわか仕込みの知識によると、GIANTというのは台湾のメーカーで、規模としては世界最大。
OEMで実績を重ねてきたメーカーらしく、技術力には全く問題ないし、コストパフォーマンスの高さは業界随一とのこと。
ただし、基本はOEMメーカーとしてのB級イメージがやはり強く、独自の企画力は弱い。
基本的に後追いであって、シーンの流れを生み出すようなメーカーではない、と。
オーディオの世界にたとえるなら、ブランドイメージとしては、AIWAが巨大になったような感じか。
だから、ほんとはTREKとかGARY FISHERとかのオリジネーター的メーカーの製品が欲しかったのだけれども、スペック等を検討すると、やはりGIANTのコストパフォーマンスの高さは群を抜いている。
そもそも自分の場合は、登り坂への対応を重点的に考えるべきであるので、クロスバイクの中でもなるべく車体の軽い、ロード寄りのモデルにしたい。
その点でもGIANT ESCAPE R3は最も適している。
この価格帯で10.9kgという車体重量は他には見あたらない。
TREKやGARY FISHERで同様のスペックを求めると何万も高くなるし、しょせんクロスバイクである。かっこつける必要もあるまい。
見かけよりも実を取るべきだと判断した。

GIANTは、最近郊外にぼこぼこ出現してきたスポーツ量販店なんかでも扱っているし、そういうところの方がやはり少し安い。
が、前の職場の近くに気に入った自転車があるので、そっちへ行ってみることにした。
今まで乗っていた古い自転車の修理を何度か持ち込んだことがあるのだけれども、その仕上がりが実によかったし、いろいろ丁寧に教えてくれる。
また、いつ行っても自転車マニアの客がたむろしていて、店主とああでもないこうでもないと話し込んでいる。
異常に自転車が好きそうな人々だ。
聞いてみると量販店よりも少し売値は高いけども、店の場所も仕事帰りに立ち寄りやすいところにあるし、後々のメンテや指導を受けるにも都合が良さそうだ。
注文して取り寄せてもらい、3日ほどで届いた。

入荷してから引き渡しまで少し時間がかかると言うので、何かと思ったら、いったん全てのパーツをバラして、店主が自らの手で再度組み直すとのことだった。
工場のラインでのアセンブルは精度が低いので、適正トルクでやり直してくれるらしい。
普段は競技用の自転車のメンテなどを主にやっているようなので、そのようなシステムにしているのだろうと思う。
そこまでしてもらうほど厳密な乗り方ができるのかどうかわからないし、そもそも5万円を切るクロスバイクでそんなことまでして採算合うのかどうか知らないけど、やっぱり気分はよい。
ここで買ってよかった。

さて、早速乗ってみる。
こういう自転車に乗るのは初めてなので、そもそもこちらの基準も低いのだろうけれども、いやはや圧倒的に走りやすい。感動。これは楽しい。
登り坂も楽々に……とは決していかないけれども、格段に楽になったのは確か。
平地でも、視界のよい農道はぐんぐんスピードが出せる。速い。気持ちいい。(とは言え、ほんとのロードバイクの人には一瞬で追い抜かされていく)
毎日自転車にまたがるのが楽しい。

かくして、自転車が新しい趣味となった。
これからは、パーツいぢりという奥深い世界が待っている。
さしあたっては、ハンドルバーやシートポストがシルバーなのがあまり気に入らないので、黒に換えてみたい。
調べてみると、パーツをいぢる余地は無限にありそうだ。

自転車は、もちろん奥は限りなく深いのだろうけれども、そもそもの構造がそんなに複雑なものではないので、トータルで自分で管理できるのがいい。
自動車のように、自分ではどうにもできないというような箇所がない。
覚えれば、ある程度のレベルまでは全部自分で出来るような気がする。
そこがいい。

カバンもメッセンジャーバッグに買い換えた。
これも思いの外、乗り心地に大きな影響があった。
もうこの季節から朝はTシャツ1枚で出るのだけれども、最後の登り坂のせいで、職場に着くと汗だらけになる。
だから、カバンには着替えを入れておいて、職場に着くとまずは更衣室に直行する。
そのためにもカバンの容量は大きくなくてはいけない。

雨の日も、基本的にはレインコートを着て自転車に乗る。
面倒ではあるけれども、今のところそれほど嫌ではない。
脚も3日目ぐらいからはガクガクしなくなった。
3週間ほど経過したけれども、体重も1kgくらいは落ちたみたい。

雨にも負けず、風にも負けず、夏の暑さにも、冬の寒さにも負けない。そういう自転車乗りに、私はなるのである。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

松本紀行

N井が結婚するというので、週末は松本市へ行くことになった。

考えてみれば、N井は中学のときに転校してきて、3年生の時に1年間同じクラスになって意気投合し、共に愚行の限りを尽くしたのであるけれども、いっしょだったのはその1年間だけであって、その後は高校も別だし大学も別で、どのようにして25年ものつきあいが続いているのかよくわからない。
何年かに1度、思い出したように連絡が来たり、こちらから連絡してみたりで、そう言えば20代の頃には2人で東欧を旅行したこともあった。
自分の結婚式にはN井は呼んでないのだけれども、今回も突然携帯にごく簡単なメールが届いて、ごく簡単なメールを返したところ、招待状が送られてきて出席することになった。

土曜日、名古屋からJRの「ワイドビューしなの」に2時間乗って松本へ。12時着。
駅前で適当に蕎麦屋に入って昼食。値段は高かったが味は特にどうっていうことない。失敗。
路線バスに20分ほど乗って、式場のお寺へ。

2時から結婚式。
仏式は初めてだったので、興味深く見る。
指輪ではなく数珠の交換をするのが見どころ。
簡単に終わるのもいい。

披露宴の会場は、お寺から歩いていける距離にある浅間温泉の旅館。
5時スタートで、お泊まり招待つき。
披露宴の後、温泉に入れて、なおかつ帰らなくてもいいというのは実によい趣向だ。

新郎側の友人関係の出席者は自分を含めて4人だけれども、他の3人は高校時代の友人とのこと。
うち1人は同じ中学出身、現在は同業者になっているO田であった。
中学時代はあまり交流はなかったけれども、同業であるので、どこかで10年くらい前に話したことがある。
友人関係の4人は相部屋だけれども、O田がいたおかげですんなり馴染めた。

5時まで部屋でのんびりした後、披露宴開始。
温泉旅館の大広間なので、床座であり、進行などは確かに普通の披露宴なんだけれども、雰囲気は忘年会か何かのよう。
お気楽な感じでくつろげるので、これもなかなかよい。
安心してビールと地酒をがぶがぶと飲む。
新婦に続いて、新郎のお色直しもあるというので何かと思ったら、N井が海パン一丁になって出てきた。
シャイで口数が少ないのに突如として破滅的な愚行に出る癖は、40を超えても変わらないらしい。
新婦はひとまわりも下の若い娘であって、その友人も皆若いので、少なくともその層にはたいへんウケていた様子でよかった。

披露宴の後は、だらだらと温泉に浸かり、部屋に戻って相部屋の人々と麻雀が始まった。
麻雀はおそらくここ10年ほどやっていなかったので、たいへん楽しい。
幸い皆自分と同じようなレベルなので、その点でも気楽に楽しめる。
追って新郎のN井も加わり、ビールと泡盛を飲みながら深夜にまで及ぶ。

翌日曜日。
再び温泉に浸かり、朝食の後、10時にチェックアウト。
相部屋の人々といっしょに4人で蕎麦の名店「浅田」へ。
焼味噌を肴に地酒の大吟醸をちびちびと飲みながら、ざるそばと十割そばを1枚ずつ食べる。
非常に美味い。

他の3人は午後イチの電車で帰るとのことだったので、食後に別れて、1人でぶらぶらと松本城まで歩く。
松本はまだどこも桜が満開で、天気もいいので、そこいら中でお花見をしている。
松本城もたいへんな人出だった。

1人なので、好きなペースで見られる。
本来、こういうところへ来ると、パンフレットも全部読んで、隅から隅までじっくり見たいタイプなのだけれども、大抵は家族や友人といっしょであって、なかなかそうもいかない。
今回は勝手気ままに2時間もかけて国宝の天守閣をじっくり見ることができて、すっかり満足した。
松本城はたいへんおもしろい。

おみやげを買って、3時前のワイドビューしなので名古屋へ。
夕方6時半頃帰着。
往復の電車で橋本治「日本の行く道」を読む。
帰りはほとんど寝て過ごしたので、少し読み残した。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

週末

「現場」に戻って早10日余。
年度始めのバタバタで慌ただしいながらも、ストレスゼロ、今のところ実に快適に過ごしております。
3年のブランクはどうかとも思っていたのだけれども、いざ戻ってみると、もう「現場」に出るのが楽しくて仕方ない。
久しぶりで緊張するかと思ったら、全くそんなこともありませんでした。

とは言え、3年間ほとんど座りっぱなしのデスクワークに慣れて余分な脂肪もついた体は、現場の喧噪にはさすがにまだ対応できていないのか、家に帰ると、夜はえらく健康的な時間帯から眠気に耐えきれず、朝は遠足の日の小学生のように、目覚ましがなる前にバチッと目を覚ます。
気分はよいのだけれども、体は疲れているのかもしれない。

そういうわけで、週末くらいはゆっくりしたいのだけれども、しばらくは予定がてんこ盛りで、なかなかそうもいかない。

イギリス人の義弟の父母が日本に遊びに来ていて、先週末は、こっちへやって来るというので、お付き合い。
土曜の午前中にうちの田舎を案内し、昼は市内に戻って中華料理。
午後からは、義弟父母とうちの父母、愚妹夫妻、うちの子供2人が伊勢神宮へ。
ほんとはこれに同行する予定だったのだけれども、職場の歓送迎会が入ったのでキャンセル。
伊勢へ向かった一行はそのまま鳥羽まで行ってホテル泊。
その間、歓送迎会は2次会のカラオケが深夜まで及ぶ。
翌日曜朝、一行に合流すべく、早起きして電車で鳥羽へ。
車で拾ってもらって、賢島まで走り、みんなで英虞湾の遊覧船に乗る。
これはぼくも初めて乗ったのだけれども、湾内の島々の間を小1時間回るコースで、遊覧船と言ってもたいして大きな船ではない。
真珠の養殖や海苔の筏なんかを眺めながら、波のない穏やかな海をゆったりと進む。
気がつくと、ガイドを兼ねる船長が、面白がってうちの息子に船を操舵させている。
最近、スチュワーデスに操縦桿を持たせて処分されたパイロットがいたけれども、この船にもうちの一行以外にたくさんのお客さんが乗っているわけで、厳密に言うとかなり問題な行動であるような気もする。
が、そういう厳密なことを一切気にしないのがこの辺の人々の素晴らしいところであって、この英虞湾を取り囲む志摩の漁村一帯は、ぼくの最も好きな場所である。
外国人にはちょっとこの良さは伝わりにくいのかもしれないけれども。

船を降りた辺りで簡単に昼食を済ませ、再び車で鳥羽に戻って、今度はミキモト真珠島へ。
外国人はだいたい日本人のようなせかせかした観光はしないものであろうし、義弟の父母はもう70を超える高齢であるので、さらに動きものんびりしている。
真珠島も2時間以上かけてのんびり見て、鳥羽駅近くの赤福に立ち寄ったら、この日のメニューは終了。
義弟父母と愚妹夫妻は鳥羽駅から近鉄特急で名古屋へ向かった。
翌日からは、義弟父母2人だけで、広島と倉敷をまわるとの由。
外国人の老夫妻のガイドというのは、なかなか気を遣うものであった。

今週末。
昨日土曜は、息子の子供会のソフトボールチームの練習。
6月の大会に向けて、これから毎週末、練習がある。
指導者は引き受けてくれた人が別にいるのだけれども、一応「監督者」という役職を割り当てられているので、予定が空いていれば出なければならない。
我々の時代は、各地区の子供会ごとに1チームずつ編成して、一大トーナメントが行われたものだけれども、今どきは少子化と野球人口の減少で、4つの子供会が合同でやっと1チームぎりぎり。
しかも、昔は4年生以上でないと入れてもらえないくらいだったけれども、今は1年生まで駆り出してやっと9人という状態なので、そのレベルの低さは言うまでもない。
練習だって、我々の時代は大人の指導者なんかいなくて、全部自分たちでやっていたけれども、今は大人なしでは何も進まない。
それでもまだ大会を続けているだけでもうちの校区はまだマシらしい。

今日、日曜は、地域のおっさん達の早朝ソフトボール。
昨年度、助っ人として何試合かに出場した流れから、今年度は登録メンバーとなってしまった。
朝6時半起床で小学校のグラウンドへ。
これでもまだ第2試合なのであって、第1試合に当たると5時半に集合らしい。
何が哀しくて日曜の朝に5時起きしなければならないのか。
いや、まあソフトボール自体は楽しいんだけれども。
昨年度の実績からか、ぼくの実力が過大評価されているようで、監督に3番ショートという大役を命じられるが、起き抜けで体がまるで反応せず、3つのエラーにヒットなしとダメダメな結果に。

8時40分に試合を終えた後、今度は子供会の廃品回収。
廃品回収も、子供が少ないから作業がたいへんで、やめようかという話もあったらしいんだけれども、この頃はまた古紙の値段が高騰していて、面白いように儲かるので、やめるにやめられないらしい。
昨年度までは愚妻が出ていたのだけれども、妊娠ももう6ヶ月に入り、さすがに荷物運んだりはできないので、ここのところはずっと自分が働いている。
ソフトボールで引きつった筋肉に鞭打って古新聞などを運ぶ。
よい出物はないか、いつもちらちらチェックしながら運ぶのだけれども、少し離れたところで本の束を担いでいた息子から、「とうちゃんの好きそうなのがある」との情報。
あまり期待せずに行ってみると、おお、何やらインテリ系の出物がざくざく。
吉本隆明「ハイ・イメージ論」(単行本)や岩波文庫の寺田寅彦随筆集、その他単行本、新書、文庫各十数冊をゲットする。
早起きは三文の徳と申します。

そういうわけで、毎日早寝早起きであまりに健康的な日々。
完全に「地域のおっさん」になってきております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »