« 『勝又進作品集 赤い雪』を読む | トップページ | 謹賀新年 »

2007年12月25日 (火)

胃腸風邪

先週木曜日昼。
買い物中に下の娘が「気持ち悪い」と言い出し、数分後、ショッピングセンターの通路でいきなり大ゲロとのこと。

自分は当然勤務中だったのだけれども、その前日から拙宅に滞在していた「3」が、例によって「1日お父さん(お母さん?)」として愚妻と娘の買い物に同行していた。
こういうときの「3」は、本当のお父さんよりもずっと甲斐甲斐しくて頼りになる。
娘のゲロ処理にも機敏に対応したとの由。

帰宅後も娘のゲロは止まらず。
水を飲ませただけでも、数分後には水芸のようにぴゅーともどす。
熱も出てきた。
タイミングの悪いことに、その日は幼稚園のクリスマスページェントの日。
今年はセリフもある役だというので、本人も張り切っており、自分もビデオ撮影班として2時間休みをとって夕方早々に帰宅したが、これではさすがに無理だということで断念。

後で聞いたところによると、この日、娘の幼稚園では同じ症状の子供が続出し、ページェントも、舞台袖で次から次へとゲロのオンパレード。
劇が終わる頃には、人数が3分の2くらいに減っていたという。

娘は翌日夜にはほぼ完治したが、その次の日の土曜夜。
じいさんばあさんに連れられて、クリスマスイルミネーションのイベントに遊びに行っていた上の息子が、夜、帰宅するなり大量ゲロ。
いったん寝付いたものの、夜中に目を覚まして布団でまたゲロ。
熱が出て、日曜は1日寝たきり。

同じ日曜には、愚妻も「胸がムカムカする」と言い出した。
愚妻は胃腸が鉄で出来ているので、ゲロも下痢もしないが、発熱で1日ダウン。

月曜、クリスマスイブには、愚妻も息子もほぼ回復したが、案の定、今度は自分が吐き気と発熱。
ぼくは逆流しにくいタチらしく、もう何十年もゲロを吐いたことがないのだけれども、腸が弱いので、腹は頻繁に下す。
今回も下に来た。
そして、胃腸風邪にやられると、必ず高い熱が出る。
今日は仕事も休んでしまった。

流行っているとは聞いていたけれども、恐るべき感染力。
て言うか、こんなに毎日周りでゲロゲロやられたらそりゃうつるわな。
汚い話ですいません。
今年の胃腸風邪はひどいです。
でもだいたい24時間くらいで治ります。

|

« 『勝又進作品集 赤い雪』を読む | トップページ | 謹賀新年 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃腸風邪:

« 『勝又進作品集 赤い雪』を読む | トップページ | 謹賀新年 »