« 考え中です | トップページ | 今日の1枚 The Rose of England/Nick Lowe & His Cowboy Outfit »

2007年11月 2日 (金)

日曜大工

何を隠そう、実は日曜大工が趣味の1つです。
ここんとこ仕事がヒマなので、昨日は休みを取って、1日中作業。
久しぶりの大作。
自分の部屋が完全に家族の物置になってしまっていて、ずっとモノに埋もれて寝起きしていたので、収納力を倍増するために大型の棚をつくる。
来客には決して見せることのない部屋なんだけれども、たまに息子の友だちとかにのぞかれたりすると、「うわ、ぐちゃぐちゃ!」などと言われていた。
これで解決なるか。

前の日曜に半日がかりでカットした合板を、午前中いっぱいかかって全部ペーパーがけ。
午後に組み上げて完成(↓)

1

 

 

 

 

材料はメルクシパイン集成材。高さ1820mm × 幅1820mm × 奥行き300mm。
塗装はめんどくさいのでなし。材料費は約1万8千円。
ほんとは上にある造り付けの棚とぴったりの高さに合わせたかったのだけれども、ホームセンターでは1820mm以上の木材は売っていないので、やむなくこのようにしました。

ついでに、この1年くらいの間に手がけた他の作品もご紹介。

4  

 

これ(↑)は、リビングの壁面に作った棚。
うちのリビングの西側壁面は、ヘソくらいの高さのところで幅10cmの段になっている。
かねてから蔵書の整理に行き詰まり、chinsan宅の造り付けの書棚を羨ましく思っていたので何とかならないものかと思案していたところ、この10cmの幅を利用してこの上の壁面全体を棚にしてしまうというプランを思いついた。
効果のほどが想像しかねたので、愚妻に相談しつつ、躊躇しながらも実行。
ファルカタ(ファルタカ? ファカルタ?)材。ほんとはダークブラウンに塗装したかったのだけれども、愚妻が白木がよいと言ったのと、そもそもこれだけを塗装するのは大変な手間がかかるので、結局無塗装に。材料費は1万円程度。
奥行きが10cmしかないので、本は文庫と新書と少年マンガしか入らない。
あとは子ども達がどんどんワケのわからない物を置き始めて、ご覧の有り様に。
もとは真っ白だった壁面がえらくごちゃごちゃしてしまい、よかったんだか悪かったんだか。
でもお客さんは皆ほめてくれます。
とりあえず収納力は高いし。
ビデオ、DVDも全部収めてます。

次。

6  

 

 

 

 

下に見える焦げ茶の棚が作品です。
リビングからキッチンへの通路には、先の西側壁面の10cm幅の段のつづきで、狭いカウンターのようなものが突き出ていて、その下はデッドスペースになっていた。
カウンターの上には、極めて日常の整理の悪い愚妻が、息子の学校のプリントやら娘の幼稚園の書類、ハガキ類、チラシなどをでたらめに積み上げているのが常であったので、愚妻の要請を受けて作成。
見よ、このぴったりサイズ(笑)。
これぞ日曜大工の醍醐味。
ファルカタ(ファルタカ? ファカルタ?)材をニスで塗装。
塗装は3度塗り。手間がかかる上に難しい。
材料費は忘れました。数千円でしょう。

もう1つおまけ。

2  

 

 

これは、100円均一で売ってた木(ボール紙を固めた物か?)を組んだだけなので、日曜大工とは言えません。
1枚100円のを8枚使ってるから、800円。
しかし、私の塗装技術によって、ちょっとしたアンティークのような質感を出すことに成功し、めでたく玄関の下駄箱の上に採用。
これは塗装に2週間以上かかってます。

モノ作ってるときは幸せだ。

|

« 考え中です | トップページ | 今日の1枚 The Rose of England/Nick Lowe & His Cowboy Outfit »

DIY」カテゴリの記事

コメント

パチパチ!ものづくりは楽しいよね。しかも、実用となるとさらに嬉しいよな。で、プラス、すき間活用とか、端っこ利用とかって、満足感高いよな。

投稿: ふより | 2007年11月 4日 (日) 21時32分

そうそう、実用っていうがやっぱりやり甲斐の上で大事です。でも、完全に自己流だから、よーく見ると細部は荒っぽいんだけど。

投稿: riki | 2007年11月 5日 (月) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日曜大工:

« 考え中です | トップページ | 今日の1枚 The Rose of England/Nick Lowe & His Cowboy Outfit »