« 世論、読本、地震 | トップページ | せざる・をえない? »

2007年8月21日 (火)

それはちょっとうなづけません

前回のエントリーから派生しました、「うなづく」or「うなずく」、の問題について、その後、つらつらとネットを検索しておりましたところ、意外な事実がわかってきましたので、報告します。

結論から言うと、国は、内閣告示「現代仮名遣い」(昭和61年7月1日)なるものによって、「ジ」「ズ」と発音するものは、原則的に「じ」「ず」と表記すると決めちゃっているとのこと。
つまり、何でも「じ」「ず」と書くのが基本
ただし、例外として、「ぢ」「づ」を用いる場合として、以下のようなパターンを挙げている。

(1)同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」
例)  ちぢみ(縮)、ちぢむ、ちぢれる、ちぢこまる、つづみ(鼓)、つづら、つづく、つづめる、つづる、
[注意] 「いちじく」「いちじるしい」は,この例にあたらない。

なるほど。まずは納得。
次。

(2)二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」
例)  はなぢ(鼻血)、そえぢ(添乳)、もらいぢち、そこぢから(底力)、ひぢりめん、いれぢえ(入知恵)、ちゃのみぢゃわん、まぢか(間近)、こぢんまり、ちかぢか(近々)、ちりぢり、みかづき(三日月)、たけづつ(竹筒)、たづな(手綱)、ともづな、にいづま(新妻)、けづめ、ひづめ、ひげづら、おこづかい(小遣)、あいそづかし、わしづかみ、こころづくし(心尽)、てづくり(手作)、こづつみ(小包)、ことづて、はこづめ(箱詰)、はたらきづめ、みちづれ(道連)、かたづく、こづく(小突)、どくづく、もとづく、うらづける、ゆきづまる、ねばりづよい、つねづね、常々)、つくづく、つれづれ

ふむふむ。これも特に異議なし。
「はな+ち」=「はなぢ」等々、前回のエントリーで書いたとおり、どれも2語の連合による音便化の例として納得できる。
問題はこのあと。
(2)にはまだ続きがあるのだ。

なお,次のような語については,現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの等として,それぞれ「じ」「ず」を用いて書くことを本則とし,「せかいぢゅう」「いなづま」のように「ぢ」「づ」を用いて書くこともできるものとする。
例)  せかいじゅう(世界中)、いなずま(稲妻)、かたず(固唾*)、きずな(絆*)、さかずき(杯)、ときわず、ほおずき、みみずく、うなずく、おとずれる(訪)、かしずく、つまずく、ぬかずく、ひざまずく、あせみずく、くんずほぐれつ、さしずめ、でずっぱり、なかんずく、うでずく、くろずくめ、ひとりずつ、ゆうずう(融通)
[注意] 次のような語の中の「じ」「ず」は,漢字の音読みでもともと濁っているものであって,上記(1) ,(2)のいずれにもあたらず,「じ」「ず」を用いて書く。
例)  じめん(地面)、ぬのじ(布地)、ずが(図画)、りゃくず(略図)

おいおい、それでいいのか。

要するに、ほんとは2語の連合なんだけども、「現代語の意識では一般に二語に分解しにくい」から、「じ」「ず」と表記することを本則とする、と。
でも、なんだったら別に「ぢ」とか「づ」とか書けば?、みたいな。
みなさん疑問をお持ちであった、「うなづく」も「ひざまずく」も「ひとりずつ」も、みなこの範疇に分類されている。
つまり、このブログにコメントを書き込んでくださる皆さんは、例外的に「一般の現代語の意識」よりも高いレベルの知性を持ってしまった方々だということになる。
そして、そのような知性を持ってしまった人々は、残念ながらそのような知性を持ち合わせなかった「一般の」人々に合わせて、気持ち悪いかもしれないけれども「じ」「ず」と表記するのを「本則」としろ、と。
だけど、別に「ぢ」「づ」って書いたってかまわんよ、と。
そういうことになる。

いや、確かに前回のエントリーにコメントつけてくれた方々の知性が高いことは重々承知している。
しかし、「世界中」を「世界+中」に分解できることが「一般的な意識」ではないというのはいかがなものか。

ちなみに、やっぱり「うなづく」は、調べてみると、「項(うな:「うなじ」に同じ by 広辞苑)+肯く」、つまり「うな+つく」であって、この因数分解ができる知性を持った人にとっては、どうしても「うなづく」でなければならないだろうと思う。
「ひざまづく」のは、「ひざま+つく」なのか、「ひざ+ま+つく」なのか、「ま」の意味がアホやからわからへんが、とにかくどうやら膝をついているっぽいというのはアホだけどわかる。
「頷く」「跪く」という表記ができてしまっている以上、「現代語の意識では一般に二語に分解しにくい」というのもわかる気はするけれども、だからと言って『もうわかりにくいから「じ」と「ず」でいいじゃん』的な安易な妥協案というのはいかがなものか。

個人的には、「いなずま」とか「でずっぱり」とか「くろずくめ」とか「ゆうずう」とか、相当違和感ある。
いや、それ以前に、「じ」と「ず」が本則だけど別に書きたかったら「ぢ」とか「づ」とか書いてもいいよ、みたいなやる気のなさはそもそもどうなのよ。

「じ」なの? 「ぢ」なの? どうなの? と、こっちは何となく気持ちが片づかなくて騒ぎ立てて、こういう些末なことであーでもないこーでもないと言ってちょっと面白がったりもしているっちゅうのに、挙げ句に出された答えが「別にどっちでもいいです」ではしらけるではないか。

ともあれ、『「ぢ」「づ」を用いて書くこともできるものとする』というギリギリのお許しはいただけるようなので、私の知性の及ぶ範囲内においては、できる限りは「ぢ」「づ」で通してやろうと思う。

|

« 世論、読本、地震 | トップページ | せざる・をえない? »

雑記」カテゴリの記事

コメント

高島俊男のような原理主義って、読み物としてはオモシロイけれど、決して実行しようとは思わないなあ。
「所詮、言葉なんだから、例外もあれば変化もする」ってな態度が、ストレスレスなのでは──と思う今日このごろです。

ただ、「坂本竜一」「森鴎外」みたいな固有名詞の改変をする新聞社にはぞっとします。あと「掴」「嘘」「鯖」みたいなパソコン略字も好きじゃないな。

投稿: chinsan | 2007年8月21日 (火) 20時04分

いや、いいんです、どうせ書いて面白がってる程度のレベルですから(笑)。厳密に実行するほどの知性はないです(笑)。
でも、やっぱり「いなずま」とかにはストレスを感じますね。なんか、その表記によって、語源や正確な語義に遡る契機を奪われてしまうと言うか、語学センスそのものが損なわれてしまうような気がします。

ちょっと話はずれますが、最近、行政の世界では、「障害者」を「障がい者」と表記すべきとの流れになってきておりまして、非常に疑問に思っています。「害」の字はマイナスイメージが強いから、という理由らしいんですが、それはそれで百歩譲るとしても、それじゃあ「障」はどうなのよ、と。「障る」っていうのは、それこそ「現代語の意識においては」それほど問題ではないということなのか、と。全く理解できず、「障がい者」という表記を見る度にたいへんストレスを感じています。

投稿: riki | 2007年8月22日 (水) 00時35分

追記です。
ぼくの母は「千津子」なんですね。数年前に本人が「ちずこ」と書くので、「ちづこ」にしなさいと指導したら、ひどく怒られました。でも、現代仮名遣いでは「ちずこ」でいいのかなあ。こんど謝ろうかしら。

朝日新聞は、このところ「まぜ書き」を反省しているみたいで、「破たん」「すう勢」「ら致」「排せつ」「復しゅう」「ふん害」「改ざん」「漏えい」「翻ろう」という表記は減りつつあります。

それとは別ですが、「子供」は差別的だから「子ども」にしろって、めちゃくちゃだよね。


投稿: chinsan | 2007年8月23日 (木) 16時24分

うーーーん。御母堂のご尊名については、固有名詞だけに、どうなんでしょうね。個人的には「ちづこ」の方がもちろんしっくりきますが、件の内閣告示がある上に、ご自身が「ず」を好まれる以上、やはり周りがとやかく言う問題ではないんでしょうね。
「子供」については、おっしゃるとおり、めちゃくちゃだと思います! 行政の世界でも、「子供」と書くと修正されます。子供にそんな気ぃ使っても、当の子供はなーんにも気にしちゃいないですし(笑)、そもそも「供」の字が差別的なんだか何だか知りませんが、全く理路が通りません。仕事で直せと言われたときは、非常にストレスを感じながらも黙って従いましたが、今度機会があれば、一度対決してみようかなあ……。

投稿: riki | 2007年8月25日 (土) 01時53分

内閣告示なんていう、仰々しいものがあるのですねぇ。知りませんでした。「千津子」さんは字面的視覚的にも「ちづこ」さんの方が、私も好きです。でも筆でしゃしゃっと書くなら「ず」の方がいろいろ楽しめそう。

投稿: さんぽん | 2007年8月25日 (土) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それはちょっとうなづけません:

« 世論、読本、地震 | トップページ | せざる・をえない? »