« 吉本隆明『家族のゆくえ』を読む | トップページ | 世論、読本、地震 »

2007年7月21日 (土)

今日の1曲--- Panic / The Smiths

10代の頃は、自分のテーマソングみたいにしてる曲がその時期その時期によっていろいろあって、たいていは腹が立ったときや気がふさいだときなんかに、鼻歌で歌ったり頭の中で鳴らしたりして自己慰安にした。
そういう曲が、思い出してみるに、いくつもある。
スミスの「パニック」もその1つで、これは何となく高校の頃かと思ってたけど、調べたら1986年だから、もう大学に入学している。

80年代というのは、今考えても実に嫌な時代で、自分のような者にはたいへん居心地が悪かった。
DCブランドだのカフェバーだのの全盛期で、みんなポロシャツの襟を立てて腰にトレーナー巻いてアディダスのテニスシューズはいて、ディスコではユーロビートで踊るんである。
そういうものを基本的に一切拒否していたので、かなり生きづらかった。
音楽の流行りも、90年代以降と比べると、実にくだらないものが多かったように思う。

そう。当時のポップチャートを賑わせたくだらないヒット曲の代表格こそ、80年代ディスコの定番ユーロビートだ。
70年代のディスコはファンキーだが、80年代のディスコは腰抜けだ(行かなかったからよく知らないけど、たぶん)。
当時、巷間に流れるヒット曲は、そうした当時の居心地の悪さを増強するようなものが多かった。

そういうわけで、スミス「パニック」。
詞に込められた悪意は明快。
当時のくだらないヒットチャートを揶揄する内容だ。
ユーロビートで盛り上がる世間を見るにつけ、ぼくはこの曲を反芻して溜飲を下げました。

CDについている小林政美という人の訳がなかなか個性的でおもしろいので、それをほぼそのまま載せておきます。(ほんの少し修正・加筆しました)

          Panic

   Panic on the streets of London
  Panic on the streets of Birmingham
       I wonder to myself
    Could life ever be sane again ?
The Leeds side-streets that you slip down
       I wonder to myself
   Hopes may rise on the Grasmere
  But Honey Pie, you're not safe here
       So you run down
    To the safety of the town
But there's Panic on the streets of Carlisle
    Dublin, Dundee, Humberside
       I wonder to myself

      Burn down the disco
      Hang the blessed DJ
Because the music that they constantly play
IT SAYS NOTHING TO ME ABOUT MY LIFE
      Hang the blessed DJ
 Because the music they constantly play

On the Leeds side-streets that you slip down
    Provincial towns you jog 'round
  Hang the DJ, Hang the DJ, Hang the DJ
  Hang the DJ, Hang the DJ, Hang the DJ
HANG THE DJ, HANG THE DJ, HANG THE DJ
    HANG THE DJ, HANG THE DJ
    HANG THE DJ, HANG THE DJ
  Hang the DJ, Hang the DJ, Hang the DJ
    HANG THE DJ, HANG THE DJ
    HANG THE DJ, HANG THE DJ
  Hang the DJ, Hang the DJ, Hang the DJ
    HANG THE DJ, HANG THE DJ
    HANG THE DJ, HANG THE DJ
  Hang the DJ, Hang the DJ, Hang the DJ
         HANG THE DJ

     ロンドンのそこここでパニック
   バーミンガムのあちこちでパニック
        どうしたことやら
  一体まともな日々は戻ってくるのかな
君が通りかかるリーズの横丁でもパニック
        どうしたことやら
グラスミアあたりじゃ希望の芽もいぶくかも
         しれないけど
        ねえ可愛い君
   ここだって安全とは言えないよ
     だから走って逃げるんだ
       街の安全地帯まで
        そうは言っても
    カーライルのそこここでパニック
     ダブリンでもダンディーでも
     ハンバーサイドでもパニック
        どうしたことやら

       ディスコを焼き払え
   おありがだいDJ様を吊し上げろ
  いつもかけて下さる音楽のお礼に
 ぼくの人生の足しになるようなことを
   一言も歌っていない曲のお礼に
 さあ 忌ま忌ましいDJを吊し上げよう
  いつもかけて下さる音楽のお礼に

  君が通りかかったリーズの横丁で
   君が走り回る地方都市でも
     さあ DJを吊し上げろ
       DJを吊し上げろ
       DJを吊し上げろ

つまり……、どこに行っても街では耐え難いような曲ばっかり耳に入ってきてパニックになってしまう、ディスコを燃やせ、DJを吊し上げろ……、と歌っています。
「DJを吊し上げろ」という日本語だと単に「糾弾せよ」といったニュアンスにも聞こえるから、これでもまだ穏当な和訳なのであって、本当は「絞首刑にしろ」と歌っている。
本国では放送禁止になったんだかならなかったんだか、とにかく問題にはなったんだったと思う。

曲調は、スミスなりのTレックスへのオマージュとでも言うか、珍しくポップでちょっとグラマラス。
スミスはリズムセクションがあまりに下手なので、正直言って今聴くと音楽的にはきついけれども、モリシーの毒は今でも痛快だ。
久しぶりに聴き直してもやっぱり溜飲が下がる気分になったので、この毒はまだまだよく効く毒だと思いました。

|

« 吉本隆明『家族のゆくえ』を読む | トップページ | 世論、読本、地震 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いいね。スミス。
スミス聴くと頑張れた気がする。
私にとってはスミスは今も、ipodの星5つです。

投稿: torrissey | 2007年7月21日 (土) 11時20分

80年代、楽しかったっけどなあ。

ユーロビートや襟立てポロシャツを「ノー」と言えることで、自分の立ち位置が示せたという意味では、2007年よりシンプルな時代だと思うのですが。

ビブラトーンズなどの東京ニューウェイブ、ローザルクセンブルグ、タイマーズ、爆風スランプ、「絶対安全剃刀」「おともだち」「童夢」、ビッグコミックスピリッツ、「オレたちひょうきん族」「北の国から」、岸田秀、村上春樹(デビュー~「ダンス・ダンス・ダンス」)。

どこか浮ついていて、何か新しいものが生まれてくるような、自分がそれに参加できるような感じ(できなかったけれど)。しりあがり寿さんの「マンガ入門」には、そういう雰囲気が刻印されています。

80年代から卒業できない「サブカル親父」(もちろん自分自身も含む)が、いかに多いか、先週も同世代の批評家と盛り上がったところです。

投稿: chinsan | 2007年7月23日 (月) 13時12分

日本の80年代は、女の子にとってはもっとさらに複雑な時代だったと思うなー。キャリア志向が高まってるのに、渡辺淳一の世界も根深く、繰返し作業が好きなのに時代に合わせてキャリア志向とか、エロスの世界的にも、子供のエロと大人のエロが混在してて、でも、最終的には子供のエロが圧勝してるような。。。私は今となっては距離を置いてみることができるから、そんなにイヤじゃないけど。アメリカで80年代に生まれた若者が、80s をクール (映画と音楽特に) と思っているのを見ると、ちょっとどっきりします。いやーこの間、Top Gun とか Sixteen Candles とかが劇場や公園で上映されてるのを見て、軽いショックだった。

投稿: ショーエ | 2007年7月26日 (木) 02時23分

言い忘れたけど、The Smiths で好きなのは、Ask と Sweet and Tender Hooligan です。特別な思い出がありますので。ふふふ。

投稿: ショーエ | 2007年7月27日 (金) 03時49分

→torrissey うん、なんつってもハンドルネームtorrisseyですから(笑)。お互い、高校時代の恨みは深いよな(笑)。
→chinsan なるほど。おっしゃることはよーくわかります。でも、おれ、やっぱ80年代への恨みは深いんですよ(笑)。「何か新しいものが生まれてくるような、自分がそれに参加できるような感じ」がある一方で、「決して自分には参加させてもらえないような」疎外感も強かったっす。もう10年早く生まれていれば……と当時もよく思ってました(笑)。それが時代の問題なのか、単に「東京」との相性の問題なのか、今となっては疑問ではあるんですが……。
→ショーエ 「子供のエロと大人のエロ」って何だ? 確かに、女の子にとっては特に80年代は一大転換期なんだよな。その辺は、講談社現代新書「若者殺しの時代」堀井憲一郎がたいへん参考になります。でも、80s、流行ってるみたいね、ほんとに、最近。

投稿: riki | 2007年7月29日 (日) 11時43分

80年代の女子といえば、勉強もできて利に聡い女子は、就職に有利だというので超難関だった一部の女子短大に進むという選択をしたと記憶してますが、いまとなっては「世間的常識に従ったばっかりに梯子を外された」感を抱いている向きもあるのではないかと妄想しきりなのですけども。

いや、80年代に「乗った」人びとの苦悩というのもあろうと思って。(80年代後半のバブルに踊ったやつの後悔、という意味ではなくね)

EP-4の初CD化という、きわめて80年代リバイバル的なものがあり、喜んで聴いている今日このごろです。

京都の80年代というのは、東京のそれとはまた違った展開だったような気がしますなあ。バブルも不発気味だったし。

投稿: ushiro | 2007年7月29日 (日) 13時50分

海外にいると、日本の女の子(というかいい年した女)のセクシー度(エロ度?)がかなり低いことを痛感します。こんな私が言うのもなんですが。こちらで公開される日本映画などを観ると、それがよくわかります。どこの国でもロリコンは存在すると思いますが、それが標準あたりにあるのが日本だし、それは 80s から一般化したのではないかと、勝手に思うのです。情念を誘う女が主流でない、といえばなんとなくわかるかな。

投稿: ショーエ | 2007年7月29日 (日) 16時08分

たいへん遅いレスですが……。
→ushiro そうそう、「80年代」の問題なのか、それとも単に「東京」との相性の問題なのか、その辺も自分の中で微妙なのよ。京都組はみな楽な感じに見えたしな、実際。
→ショーエ 近年は西欧的な、わかりやすーいエロ度が増してきてるようにも思うけど、確かに本場に比べりゃ全然だわね。先週と今週、仕事で計60人ほどの外人を東京から引率したんだけども、やっぱ向こうは見せ方のスケールが違うもんな。でも、おれ、ロリコンでは全くないけど、あんまりあからさまなのもピンと来ないわ、やっぱ。日本的エロは、もっと別の尺度があるんだと思います。

投稿: riki | 2007年8月 8日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の1曲--- Panic / The Smiths:

« 吉本隆明『家族のゆくえ』を読む | トップページ | 世論、読本、地震 »