« 井上雄彦『バガボンド』を読む | トップページ | 満田拓也『MAJOR』を買い与える »

2007年6月12日 (火)

授業参観と珠算教室

小3の息子の授業参観。
昼に2時間休みを取り、仕事の合間に参観。
5限目、算数。

最初に割り算のプリントをやる。
毎時間やっているらしい。
2桁÷1桁の割り算が65問並んでいる。
先生が3分間計る。
よーいどんで開始。
3分で全部解ける子はタイムの短縮を目指す。
できたら「はいっ」と手を挙げて、先生が「○分○秒!」とタイムを教える。

3分でできない子は、前回よりも1問でも多く解くことを目指す。
3分経ったらみんなで答え合わせ。

今日、一番速い子は1分7秒。
さらに1分台が5人ほど続く。
息子のクラスは全部で25人くらい。
2分台に入ると続々と手が上がり、半分以上の子は3分以内に全て解ける。

さて、うちの子は……。

わかってる。
昨夜、家でもやってたから。
3分で35問しかできなかった。
今日、急にできるわけないよな。
でも、お前、「クラスで真ん中くらい」って言ってなかったか、おい。

やはり公文(くもん)に通っている子が強いらしい。

まあいいさ、速さだけが問題じゃない。
正確さの方が大事だ。
でも、速いこの方が確度も高いんだよな、えてして……。

そのような己の計算力に不安を抱いたわけでは絶対にないと思うが、先日、息子がソロバンを習いたいと言い出した。
どういう風の吹き回しかわからんが、習いたいと言うのなら習わせてみるかということになった。
公文よりはソロバンの方が好感が持てるし。

近所にある珠算教室は、ずーっと昔からやってる老舗だ。
うちの親父の代から名門である。
息子の友だちも何人か通っているらしい。
そこでいいだろう。
て言うか、いまどきはソロバンも流行らないようで、そこしか選択肢がない。

そういうわけで、今月からソロバン開始。

で、初日。
下の娘も連れて、愚妻が同行。
以下、愚妻と息子の話のポイントを要約。

・先生は80歳
・「あんたは何年生だ?」と20回は聞かれた
・「今は夏休みだからのう」と繰り返す。夏休み中だと思ってるらしい。
・で、もうすぐ夏が終わると思っているらしい。
・退屈そうにしていた4歳の娘を見て、「あんたもやるか?」とテキストをくれた
・でも、息子に渡したテキストより難しいやつだった
・て言うか、息子に渡したテキストが簡単すぎ
・おかげで約10日経過した現在、ようやく息子と娘、同レベルで並ぶ
・それでも娘に「追いついた!」と満足げな息子。それでいいのか、お前は
・て言うか、「ちょーかんたん!」とか言って、楽しいらしい、息子
・結果的には正解なのか……?

贅沢は言いません。
読み書きそろばん。
それだけきっちりできるようになってくれたらお父さんはそれでいいです。
何か得意なことがひとつくらいあると嬉しいけどなあ。

|

« 井上雄彦『バガボンド』を読む | トップページ | 満田拓也『MAJOR』を買い与える »

育児」カテゴリの記事

コメント

私は小3で「勉強」の意味がわかったよ。それまではす中の下だった。算数というか数字が今でも苦手なんだけど、この間人に「25.5 割る 5.1 は?」と聞かれて、「それ無理~!」と言ってしまったよ。迂闊だった。。。これで大学卒業してるからね。

投稿: ショーエ | 2007年6月13日 (水) 03時18分

そうか、まだ間に合う、か。勇気づけられるエピソードだ。
でも、「小3で勉強の意味がわかった」って、読みようによってはすごい感じもするな。おれ、いまだにわからんわ、「勉強」の意味。

投稿: riki | 2007年6月14日 (木) 22時15分

いやー、ただ単に、「幼稚園」と「小学校」の違いがわかっただけってこと。授業が「先生と生徒の遊び」としてあるのじゃないってことがわかったんだー。なぜそれがわかったか、というと、先生が「XXちゃんは、おうちに帰っても宿題以外の勉強もしています。エライね!」と言っているのを聞いて、先生に褒められるなら私もしよう、と思ったのがきっかけ。それまでは、音楽と体育だけが 5 の私であって、それを親などにからかわれていたのだけど、なぜからかわれているのかもわからなかった。「コアな科目」が算数とか国語であるらしい、と気づいたのはもっと後だよ。

というわけで、こんなことに目覚める、というのは社会適応能力が出てきた、というのかもね。

投稿: きょうたん | 2007年6月15日 (金) 11時50分

また、名前を間違えた。

投稿: ショーエ | 2007年6月15日 (金) 11時51分

いや、音楽と体育が5なら十分だわ……。
て言うか、いまどきの通信簿の、「よくできる」とか「だいたいできる」とか、やめてほしいな、3年生にもなって。「2」なら「2」、「3」なら「3」と、はっきり言ってやってほしいわ。しかも絶対評価だから、相対的な位置関係もまるでわからん。
あと、いちばんやめてほしいのは、男の子も女の子も「○○さん」と下の名前で先生が呼ぶの。なんだろう、あれ。生徒に気ぃ使ってどうすんのよ。ジェンダーフリーってやつも入ってんのかね、やっぱ。「○○!」って呼び捨ててやってもらいたいです。

投稿: riki | 2007年6月17日 (日) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 授業参観と珠算教室:

« 井上雄彦『バガボンド』を読む | トップページ | 満田拓也『MAJOR』を買い与える »