« 百閒先生と樹先生 | トップページ | 今日の1枚 『Relaxin' with The Miles Davis Quintet』 »

2007年5月12日 (土)

火事

昨夜、いつもより少し遅めの時間に自転車で帰宅して、家のすぐ近くまで来たところ、どうもきな臭い。
どころか、気がつけば辺りには折からの強風で西の方からどんどん煙が流れてきて、消防車と救急車が走り回っている。
空を見ると、西の方がぼんやり明るく、その上には真っ黒な煙が充満している。
かなり近そうだ。
ちょっと行ってみることにした。

自転車で5分も走ると、火事の現場であった。
既に野次馬が結構集まっている。
消防車はまだまだ足りないらしく、続々とやって来る。
出火した家はすごい勢いでめらめら燃えていて、全焼は免れ得ないであろう。
不幸中の幸いか、強い風は西から東に吹いていて、燃えている家の東側は道路である。
もし逆向きに風が吹いていたら、家が密集している側が風下になり、たいへんなことになっていたに違いない。
それでも、びっちりと隣接している西側と南側の2軒には、延焼しているように見えた。
南側の家には消防隊員が2階の窓から入っていく。
逃げ遅れている人がいないか見に行くのだろうか。

野次馬がどんどん集まってくる。
携帯で写真撮ってる奴も多いけれども、それはちょっとどうかと思った。
やがて地元のテレビ局も来た。
そのあたりでもう帰ることにしたのだけれども、後で聞いたら、老人が2人亡くなったとのこと。

まだ燃えさかっている火事の現場を目撃したのは、これが2回目だ。
初めて見たのは、学生で東京にいた頃だった。
何やら外が騒がしいと思ったら、住んでいたアパートから歩いて5分くらいのところで火事があり、冬の夜だったのだけれども、上着を着込んでわざわざ見に行った。

39年で2回というのは、火事との遭遇体験として多いのか少ないのか。

それにしても、やはり新建材のせいなのか、いまどきの家は、燃えると異臭がする。
近くにゴムの工場もあるので、最初はそこが燃えているのかとおもったくらい。
目の当たりにすると、やっぱり相当怖いです、火事は。

今日、息子のソフトボールの練習について行って、お昼に終わった後、昨夜の現場を改めて見に行ってみたら、現場検証か何かなのか、まだまだ消防や警察がたくさんいて、まだ煙が少しくすぶっていた。

|

« 百閒先生と樹先生 | トップページ | 今日の1枚 『Relaxin' with The Miles Davis Quintet』 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火事:

« 百閒先生と樹先生 | トップページ | 今日の1枚 『Relaxin' with The Miles Davis Quintet』 »