« ヤ○ダ電機 | トップページ | 吾妻ひでお「うつうつひでお日記」を読む »

2007年2月27日 (火)

未だ快癒せず

まだ伏せっております。
これまでの流れ。

21日(水)。深夜、悪寒。ノドにも少し違和感あり。暑寒い嫌な感じでよく眠れず。

22日(木)。朝起きると、38度の発熱。たまたま午前中は休みが取ってあったが、午後も仕事休む。

23日(金)。朝、37.5度。幸い今週中にどうしてもやらなければならない仕事はみな終えてあるので、もう1日休むことに。夕方には熱が下がり、体はずいぶん楽になった。咳、鼻水等はないが、ノドが少し腫れている感じ。

24日(土)。熱なく元気だが、ノドの痛みが強くなる。左側、上顎に近い入り口の辺り。その他の症状は何もなく、体もだるくない。午後は、仕事の動員で、とある集会に出席。座って講演を聴いているだけだが、会場が寒く、辛かった。ほとんど居眠りしてしまい、それもよくなかったかもしれない。

25日(日)。ノドの痛み、更に強くなる。食べ物どころか、水を飲むだけで痛い。が、体は元気なので、午後は半日、野外で日曜大工に励む。これがいけなかった。夕食時には、ノド痛が激化。
就寝前、気の迷いで、ビールをロング缶1本、喉の痛みに苦労しながら飲む。これがさらにいけなかった。ノドの痛みと違和感で、夜眠れず。

26日(月)。通常どおり出勤するも、ノドの痛みがえらいことになっている。もはや水を飲むこともかなわず、口を動かすだけで痛い。声帯は平気なのか、話すのは大丈夫だけれども、大きな口の動きは患部を刺激するのでぼそぼそしゃべるしかない。ツバも飲み込めない。
腹は減るので、昼食はざるそばに挑戦するが、ひと口ひと口を死ぬ思いで燕下せねばならない。
もはや何もしてなくても辛い状態になってきたので、どうしてもしなければならない仕事だけどうにか済ませ、1時間早く帰宅。病院へ。
病院で熱を測ると、また37.5度。医者がノドをのぞいた途端、「うわっ」と言って、おぞましいモノを見たような顔になる。「これはひどい」「扁桃腺がぐちゃぐちゃにただれてます」……やっぱりな。
すぐに点滴。パッチテストして抗生物質も注射。
生まれて初めてだ、点滴。
ウイルス感染であろうとのこと。薬が飲み込めない場合は、明日も点滴をしにくるように言われる。
帰宅後、泣きそうになりながらスープを数口すすり、死ぬ思いで処方された薬を飲み込む。
横になると、ただれた扁桃腺がどこかを塞ぐのか、呼吸がしづらくなって、うまく眠れない。

27日(火)。昨日から、もはや発話にも支障が出てきた。
もつれる舌に往生しながら、職場に電話して休み取る。
スープのみの朝食で薬を飲み、再び眠ると、昼にはノドの状態がいくぶん改善され、昼に薬を飲むと、夕方にはかなり改善された。
抗生物質が効いてきたらしい。
でもまだ何かを飲み込むときには顔が引きつります。
その抗生剤のせいなのか、いっしょに飲んでる鎮痛剤のせいなのか、服用後はやたらと眠くなり、今日は1日中寝て過ごした。

ちなみに、ぼくは別に普段から扁桃腺が弱いタイプではありませんし、扁桃腺の熱なぞ、子どもの頃以来だしたことはありません。
これは前厄の一端なのでしょうか。
厄払い、行ってきたんだけどな。

|

« ヤ○ダ電機 | トップページ | 吾妻ひでお「うつうつひでお日記」を読む »

音楽」カテゴリの記事

コメント

おどすわけではないけど、しっかり検査を受けるべきだと思う!!!安心できる。

投稿: ふより | 2007年3月 1日 (木) 11時40分

ありがとう。いや、一応血液検査もしてもらいました。大丈夫だと思うんだけど。

投稿: riki | 2007年3月 1日 (木) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未だ快癒せず:

« ヤ○ダ電機 | トップページ | 吾妻ひでお「うつうつひでお日記」を読む »