« 九九マスター | トップページ | JBを悼む »

2006年12月24日 (日)

クリスマス、映画館

クリスマスの家族サービスだということで、もう少しで遊園地とかへ行かされそうになるところを、「みんな風邪気味だし」とか何とか理屈をこね、映画を観に行くということでどうにか落ち着いた。
午後から、ワーナーマイカルシネマズへ。

Eragon_poster2 息子と2人で「エラゴン」を観る。
http://movies.foxjapan.com/eragon/
愚妻と娘は「劇場版どうぶつの森」。

映画館で映画を観るということ自体が、何年ぶりだろう。
たぶん子供が生まれてからは何も観ていない。
とすると、7~8年以上観ていないことになる。
ビデオやDVDでも、近年は数えるほどしか観ていない。

愚妻に言われるがまま、何の基礎知識もなしに観たのだけれども、「エラゴン」は、息子が言うには“ハリーポッターのような”ファンタジーもの。
ハリーポッターをよく知らないので何とも言えない。

もともとこのようなジャンルはあまり得意ではないし、設定もストーリーも単純で、主人公の「勇気」にはうんざりするけれども、それより何より「Dragon Rider」というコンセプトがいたく気に入った。
ドラゴンのCG(?)デザインも、趣味に合う。
マーク・ボランが観たら狂喜するだろうな。

やっぱり映画館で観る映画はいいなあ。
大人の映画を観たいなあ。

クリスマスのプレゼント、いろいろあって、ついに息子にテレビゲーム。
ただし、Wiiでもプレステでもなくて、お安い単品もの。
息子念願のドラゴンボール関係。
Images 名付けて「Let's TVプレイ ドラゴンボールZ バトル体感かめはめ波2~オッスおめぇ悟空 天下一武道会」。なんじゃそりゃ。

ちなみに娘はシルバニアファミリー。
もう4歳なんだから、ぽぽちゃんは卒業してほしいとの一念。

小2の息子にとって、サンタクロースの実在の問題については、今、グレーゾーンといったところである様子。
それとなく探りを入れてみたところ、「家庭によっては親がサンタクロースである場合もあり得るが、うちの場合は本当にサンタがやってくる可能性が高い」といったニュアンスの認識であるように思われるが、親に気を遣っているということも考えられる。
でも、一応ベランダ側の窓の鍵は開けたままにして寝ている。

|

« 九九マスター | トップページ | JBを悼む »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス、映画館:

« 九九マスター | トップページ | JBを悼む »