« 『リトル・フォレスト』五十嵐大介 を読む | トップページ | 音楽連想ゲーム »

2006年12月 8日 (金)

風邪

風邪が治りません。

発熱したのが先々週の月曜だから、もうやがて3週間になる。
東京出張中に熱が出たのだけれども、なるべく医者にはかからない方針なので、しばらくは我慢して、土曜日になってもまだ熱が下がらないので、近所のK医院に行って漢方薬を処方してもらう。
漢方の風邪薬は、まあ気休めの様なものだとは思ってるけれども、まる3日飲んでもまるで変化なし。
その後もまるで治る気配がないので、先週、発病後10日経過した時点で、別のT内科にかかって、今度は西洋の薬を出してもらう。
これを5日間、律儀に飲み続けたが、効果なし。

さすがに熱はほとんどなくなったけれども、だんだん咳がひどくなってきて、夜眠れないほど咳き込むことがある。
ゲロ吐きそうなくらい咳き込む。
ノドもずっとイガイガしてる。
眠れないままに仕事に行くので、余計に調子が悪くなる。

咳がほんとにひどいので、喘息持ちの愚妻が以前、K医院で処方してもらった漢方薬の残りを飲むことにした。
漢方だけれども、愚妻が飲んだときは、咳がぴたりと止まったという即効性のある薬。
「おくすり110番」という便利なサイトがあって、ここで一応調べてみたら、飲んでもよさそうだったので、昨夜から。
そしたら、昨夜はわりとよく効いて、ぐっすり眠れたけれども、起きてみると、やはり完全にはおさまらない。

今日はもともと休みが取ってあったので、1日中家でごろごろして過ごした。
だらだらしてると余計に気がゆるんでよくないのか、次第に調子悪くなってきて、夕方にはまた微熱と咳。

こうも長いとさすがに余病とか心配になってきた。
明日はまた病院に行くべきかどうか、思案中。
うーむ。

|

« 『リトル・フォレスト』五十嵐大介 を読む | トップページ | 音楽連想ゲーム »

雑記」カテゴリの記事

コメント

MN改め,まりです。ちなみに、ふよりさんの友人で、ここ数年、名古屋にいました。今は東京です。
咳、つらそうですね。「風邪」のあとに長引く空咳(痰がでない咳)は、気管支の壁に傷がついたことによる、一時的な喘息状態の場合が多いので、内科で抗アレルギー薬を処方してもらうのがいいと思います。一回のめばピタッと収まるタイプの薬ではないので、最低4-5日は飲み続けないと、やめるとまたすぐ、咳が戻ってきます。薬を飲む・飲まないに関わらず、「風邪」の症状がおさまってから、完全に咳が取れるまで(つまり気管支の傷がすっかり治るまで)、だいたい3週間くらいは、かかります。でも、熱は、最初の時以外は、普通は出ません。
なので、いまだに夕方に微熱と咳が出るようだったら、いちおう内科(できれば呼吸器内科)を受診して、結核や細菌性感染症(これは抗生剤を飲めばよい)を鑑別診断してもらっておいたほうが安心だと思います。ただ、これらは痰が出ることが多いです。特に、細菌性の場合は、黄色い痰です。空咳でも抗生剤を飲むほうが治りが早いのは、マイコプラズマ肺炎などですが、これも内科を受診すれば診断できます。
長々と失礼しました。元気になって上京のおりは、連絡くださいませ。

投稿: まり | 2006年12月 9日 (土) 00時07分

す、すごい!コメントの方に感動しました。勉強になりました。私も風邪。

投稿: ショーエ | 2006年12月 9日 (土) 10時32分

ちなみに私も風邪。
咳だけがひどいので、同じような感じかな?
ちなみに医者は2軒いきました。
いや、ほんと、まりさんのコメント、凄いですね。

投稿: torrissey | 2006年12月 9日 (土) 12時56分

MN=まりさん、か! そうか、なんで気づかなかったんだろう(笑)。そりゃ詳しいよ、この人は。プロだから(笑)→ショーエ、torrissey
まりさん、心強いコメントをどうもありがとうございます。今日、また医者に行ってきました。行く前に読めばよかった。
今日は、肺炎だといけないっちゅうんで、不本意ながらレントゲンまで撮られました。何ともなかったけど。
処方されたのは、クロフェドリンSシロップ(咳止め)、エリスロシン錠(抗生剤?)、SG顆粒(鎮痛剤)、シングレア錠(抗アレルギー薬?)、セキナリンテープ(貼り薬)です。薬漬け。でも、見た感じ、まりさんと同様の診断ってことかしら? 真面目に飲むようにします。
→torrissey それはたぶん同じ風邪だ。こじらせるとしつこいので、お大事に。ぼくは職場で人にうつしまくって、周りもケホケホ始めまてます。

投稿: riki | 2006年12月 9日 (土) 15時21分

レントゲン、なんともなくて、よかったですね。真面目に飲んだほうがいいお薬は、エリスロシンとシングレアの二種類です。クロフェドリンは、咳をしたくないとき(非常に重要な会議とか、寝る前とか)頓服、SG顆粒は、のどが痛い・熱がある、などへの対症療法なので、がまんできる程度だったら飲まなくていいと思います。セキナリンテープ・・・これはよくわかりません(笑)。結局のところ、よく食べて、よく寝るのが一番というのが、自分の風邪からいつも感じることです。役立たずの結論ですが。みなさんも、お大事になさってくださいね。

投稿: まり | 2006年12月 9日 (土) 21時14分

ありがとう! なんともまあ、医者の友人というのはほんとに心強いなあ。
クロフェドリンも、もうあまりに咳をしすぎて既に肋骨の辺りが痛み始めているので、真面目に飲もうと思います。
そう、確かに、結局は寝るのがいちばんだと今回も痛感してます。ひたすら眠った後は、快方に向かっているのを実感できるんだけども、咳でよく眠れないままに仕事に行くと途端にぶり返す。この3週間、その繰り返しです。
「よく食べる」については、実感としては、状況によるような気がするんだけれども、どうでしょう。熱の高いときなんかは水だけ飲んで寝てる方が治りがいいようにも感じます。
今後ともご指導よろしくお願いします(笑)。

投稿: riki | 2006年12月 9日 (土) 21時40分

おー。MN=まりさん、とは。なんと久しぶりでしょう。W大学B学部の入試会場で偶然会って以来、マスコミでしかご尊顔を拝しておりませんが、ご活躍でなによりです。
いや、そんだけです。
おだいじに>m-riki、そしてみなさん。

投稿: ushiro | 2006年12月 9日 (土) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風邪:

« 『リトル・フォレスト』五十嵐大介 を読む | トップページ | 音楽連想ゲーム »