2018年1月 8日 (月)

ナゾのタブレット、NPOLE T103(?) を買ってみる(後編)

Img_20180107_100957_3

そういうわけで、ほとんど衝動的に買ってしまいました。
思い立って2日(笑)。

開封してみますと……

Img_20180107_101343

こんな感じ。

本体は金属製で、赤色もなかなかいい色合い。
安っぽくないし、中華製品によくある野暮ったさがほとんど感じられない。
箱も重厚でハイエンド製品のよう。
ぱっと見たところはかなりの好印象。

中身は、本体と充電用のケーブル、それに英語の簡単なマニュアル。
Amazon のユーザーレビューには、日本語のマニュアル付きとの書き込みもあったけれども、自分のには入ってませんでした。
あと、本体には型番が「T103」とあるのに、マニュアルは「NT103」と書いてある(笑)。
そういうの、多いよね。

Amazon でポチるとき、保護用フィルムもいっしょに買えってすすめてくるけど、保護用フィルムは最初から貼ってあります。
ただし、結構な気泡入り(笑)。
そういうとこよね。

早速起動。

Img_20180107_102004

最初から入ってるアプリはこれだけ。
非常にシンプル。
余計なものが殆ど入ってなくてありがたい。

まず日本語化しなければいけない、とか、日本語入力システムもインストールが必要、といった情報もあったけれども、最初から全部日本語でした。
たぶんロットによって日々仕様が変化しているんでしょう。
それも中華製品にはよくある話ではないかと。
自分は気にしません。

以下は、その後2日ほど触ってみての雑感。

・普通にスマホを使っている人であれば、操作に戸惑うことはないと思う。Android は6。

・10.1インチって、思ってたよりもデカかった。これは老眼には非常に優しい(笑)。持ち歩くつもりはないし、このサイズにしてよかった。これなら電子書籍も読む気になる。

・動作は、新品ならもうちょっとサクサク動いてもいいんじゃないかと思うけれども、まあイライラするようなこともない。値段なりの期待度であれば納得できるレベルではないでしょうか。アプリは最小限にして、出来る限りこの状態をキープしたい。

・Wi-Fiのつかみ具合も、まずまず。スマホと同じくらい。

・タッチパネルの反応がやや悪い。強めに触らないと反応しないことが結構ある。

・LINE POP やってみたら、画面がデカすぎて全体を俯瞰的に見られない(笑)。やっぱりスマホゲームはスマホサイズでやりやすいように作ってあるのか。

・カメラの性能も、まあ許容範囲。レンズが暗めなのは、値段を考えれば当たり前。むしろ思ったよりはちゃんとしている。

そういうわけで、結論としては、まあ期待以上ではなかったけれども、用途を限定して割り切れば、悪い買い物でもなかったかなって感じ。

他と一切比べてないし、すぐに壊れたり不具合出たりしなければ、の話ですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ナゾのタブレット、NPOLE T103(?) を買ってみる(前編)

そもそも、自分の生活にタブレットは基本的に必要がない。

と思っていたのだけれども、2年近く使っているスマホ、HUAWEI GR5 がだんだんポンコツになってきて、不自由になってきた。
内蔵の16GB のストレージが常にアプリでパンパンなせいか、不安定で、何よりも動作がものすごく重い。
iPhone のときは、ストレージが同様の状態になってもこういうことはなかったので、やはりそのへんは中華スマホの限界、完成度の違いかもしれません。

スマホの買い換えも考えた。
が、経済的な問題もあるし、2年も使っていないのに買い換えるのはちょっと贅沢な気がする。

そこでタブレットの導入を思いついた。

考えてみれば、HUAWEI の内部ストレージには、家でしか使わないアプリもまあまあ入っている。
kindleアプリ等、電子書籍リーダーもインストールしてあるけれども、結局スマホの小さい画面で本を読むことなどまずない。

そうした、自宅のみのアプリや、急速に進行している老眼に厳しいアプリは、タブレットで使うことにすればいいではないか。
そうすれば、HUAWEI のストレージにも余裕が生まれる。

だから、タブレットにはSIMは刺さらなくてもいい。
家で使うだけだからWi-Fi でいいし、どうしても外で使いたいときは HUAWEI でデザリングすればいい。
youtube や電子書籍も、タブレットなら大きい画面でしっかり見れる。

その程度の用途だから、いいモノは必要ない。
いいモノ買うくらいならスマホ買い替えますから。

で、あれこれ検索してみたところ、中華タブレットであれば1万円未満からある。
2万円も出せば、数値上のスペックだけ見るとずいぶん立派なモノもある。

検討の結果、RAM は2GB、ROM は16GB はほしい。しかし価格は1万5千円くらいまでに抑えたい。というセンでいくことにした。
それで浮上してきたのが、ちょうどたまたま Amazon のセールで少し安くなっていた、NPOLE なる中華メーカーの T103 というモデル。

10.1インチというのも、この価格帯では目を引く大きさ。
赤と黒があるけども、写真で見る限り、赤の出来がいい。
良さげではないか。

それで、今度はこのモデルについて調査を開始したのだけれども、ネット上にもほとんどまともな情報がない。

そもそも NPOLE というメーカーもナゾ。
NPOLE って「N極」のことだよな。

一応英語の自社サイトもあるけれども、ずいぶんあっさりしたサイトでほとんど内容がないし、そもそもこのモデルが掲載されていない、というよくあるパターン。

うーむ、どうしよう。

まあいいか、買ってしまえ。

ぼやぼやしてたらセールが終わってしまう。

どうせ1万5千円だし……。

ああ、またこのパターン。
と思いつつ、ポチッと(笑)。

Img_20180107_100957_2

買いました。
すぐ届きました。

箱は高級感があり、デザインも優れてます。
失礼ながら、中華製品とは思えない洗練度。

では早速開封してみましょう。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

初期山口百恵の衝撃

31jlmupdlwl

懐メロは誰でも好きだけれども、自分はどうも平均以上に昭和歌謡への執着が強いのではないかという気がなんとなく以前からしていた。

 

特に7374年くらい、昭和で言うところの48年~49年あたりがむずむずする。

この時期のヒット曲は、なぜかどれも自分の中のわりかし深い部分に共鳴するものがある。

 

思いつくままにググった結果を列挙してみます。自分的に印象の強いもののみなので偏ってますが。

年・月はレコードの発売日。

 

1973

2月 天使も夢みる/桜田淳子

4月 赤い風船/浅田美代子

   危険なふたり/沢田研二

5月 天使の初恋/桜田淳子

   情熱の嵐/西城秀樹

6月 裸のビーナス/郷ひろみ

7月 わたしの彼は左きき/麻丘めぐみ

   草原の輝き/アグネス・チャン

8月 わたしの青い鳥/桜田淳子

   個人授業/フィンガー5

9月 青い果実/山口百恵

   ちぎれた愛/西城秀樹

11月 禁じられた遊び/山口百恵

   花物語/桜田淳子

12月 恋のダイヤル6700/フィンガー5

   愛の十字架/西城秀樹

 

1974

2月 三色すみれ/桜田淳子

   薔薇の鎖/西城秀樹

3月 春風のいたずら/山口百恵

   学園天国/フィンガー5

   花とみつばち/郷ひろみ

4月 ひまわり娘/伊藤咲子

5月 黄色いリボン/桜田淳子

   激しい恋/西城秀樹

6月 ひとなつの経験/山口百恵

   恋のアメリカン・フットボール/フィンガー5

8月 花占い/桜田淳子

   傷だらけのローラ/西城秀樹

9月 ちっぽけな感傷/山口百恵

   恋の大予言/フィンガー5

   よろしく哀愁/郷ひろみ

11月 涙と友情/西城秀樹

12月 冬の色/山口百恵

   はじめての出来事/桜田淳子

 

7374年というのは、ぼくが6~7歳の時期であって、たぶんテレビで歌謡番組なんかを見始めた頃なのだろうけれども、印象が深いのはそれだけが理由ではない気がする。

 

なんちゅうか、自分の場合、この時期のアイドルが性衝動の発現みたいなものの触媒になっている()、とか、なんかそういうリビドー的にむずむずしたものがあるんだと思う。

フロイトで言う何とか期とか、そういうことはよく知りませんけども。

ただの印象ですけども。

 

これまで自分の意識の中では、この時期のアイドルとしては、新御三家の中では西城秀樹、中3トリオの中では桜田淳子が好きだった、という記憶だった。

実際、初めて買ってもらったレコードは秀樹だったし、秀樹に関してはその後もCD で聴き直したりして、頻繁に確認してきた。

桜田淳子もまあ同様で、当時の楽曲はだいたい把握している。

 

しかし、山口百恵は死角だった。

 

世間一般では山口百恵っていうとだいたい76年の「横須賀ストーリー」の頃以降、阿木燿子&宇崎竜童なんかの時代がフィーチャーされるけれども、その時期にはほとんど魅力を感じないので、「自分は昔から桜田淳子派であって、山口百恵は特に好きではなかった」という意識でずっといた。

歌謡曲のオムニバスなんかで、「青い果実」や「ひと夏の経験」は聴いていたし、この2曲は偶然耳にする機会なんかもわりとある気がするので、やっぱり山口百恵は初期が圧倒的にいいよな、っていう認識は常にあったんだけれども、それ以外の初期の曲は、これまでほぼノーチェックだったらしい。

 

それで今回、何の気なしにこの「GOLDENBEST/PLAYBACK MOMOE part2」というベスト盤を聴いてみて、たいへんな衝撃を受けた。

 

具体的には、「禁じられた遊び」「春風のいたずら」「ちっぽけな感傷」「冬の色」あたり。

この辺は、ラジオでかかったり、懐メロ番組で取り上げられたりすることもほとんどないんじゃないかと思うので、もしかすると当時以来、つまりほぼ40年くらい聴いていなかったかもしれない。

 

タイトルも完全に忘れてて、こんな曲あったかなって感じで、聴くときもスキップしようかなって思ったくらいなんだけども、ヘッドフォンから流れてきた瞬間に、なんかむずむずした感情が一気にフラッシュバックしてきて、全身に電流が走った。

 

そうだ、当時、おれは山口百恵がいちばん好きだった。

山口百恵にいちばんむずむずしていた()

そうに違いない。

 

実際、今聴いても、よい。すごくよい。

「山口百恵は菩薩である」という本があったのを思い出した。読んでないけど。

おれもそう思う!って思った()

ノスタルジーの影響も大きいかもしれんが。

 

特に歌が上手いわけではない。やっぱ桜田淳子のが上手い。

歌詞がえらく大胆だけれども、それがいいわけでもない。

いや、こういう大胆な詞にもかかわらず、一切下品にならない特異なキャラクターこそが菩薩たる所以か。

 

なんか、不可侵の領域にいる、世俗の下衆とは無縁の、完璧に純粋無垢のような、それでいて大人の事情も何もかも心得ているかのような、たった1617かそこらのこの美少女は一体何者なのか、と。

 

おっさんからするともはや目映いばかりのこの若い無垢な瑞々しさをこれでもかと発散しながら、同時にまた、世の中のダークな部分も全て飲み込んだかのような気怠い絶望感も垣間見せる。

この純粋とニヒリズムの共存、この矛盾の超克こそが、デビュー後2~3年くらいの山口百恵のすごみだろう。

 

菩薩っていうのは、まさに言い得て妙だと思える。読んでないけど。

 

もしかして、自分の恋愛観の根っこの根っこみたいなところにも関係してるんじゃないか、とか、そんなこと考えながら聴いてたら、寝られなくなった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

パイオニア S-180A ウーファーのウレタンエッジをDIY交換する

思い起こせば30年前、中3のときに親に買い与えられたスピーカー、パイオニア S-180A を、ふと思い立って押し入れから発掘し、再び自室で使い始めたのが約1年半前。

中3から高3にかけてさんざん鳴らしまくった(が、その後、大学入学で上京し、持っていくことを断念して死蔵されてしまった)スピーカーの音は、自分の音楽原体験として完全に刷り込まれていたようで、四半世紀を超えて再びその音に接した時には、懐かしさの余り涙が出そうになった。
驚くべきことに、自分の耳は、はっきりとこのサウンドを覚えていた。
その音質を極めて明瞭に覚えていること自体に自分自身が驚いた。
状態も、びっくりするほど良好。
キャビネットなど、ほとんど無傷でピッカピカ。
しかし、さすがに劣化していたのがウレタン製のウーファーエッジ。
もう朽ちかけている。
いや、30年経ってるのに、まだ一応崩れずにくっついてること自体珍しいのかも。
Sn3t0163
これはなんとかしたいと思い、ネット上でいろいろ調べたところ、ファンテック なる業者がDIY交換用にウレタンエッジを販売しているのを発見。
早速取り寄せて、さあ交換しよう……と思ったのが1年近く前。
いざ作業しようと思うとなかなか重い腰が上がらず、とりあえずそこそこ音出てるしなあ、などと思いつつずーっと放置。
そこを一念発起、年が明けて久しぶりにサランネットをはずしてみたら、ついにエッジがボロボロと落ちてきたのをきっかけに、ついに着手を決意した。
D70_2769
まずはユニットをはずします。
D70_2785
はずしました。
D70_2773
趣旨とは関係ないけど、中から気持ち悪い恋文(?)のようなものが出て来た……
世田谷区奥沢のレストランの注文票のようなものの裏に書かれている。
もちろんそんなとこ行ったことないから、推定30年前に、工場での製作工程で入り込んだものかと。
気持ち悪いからすぐ捨てました。
D70_2776
気を取り直して、ラバーのガスケットをごりごり取り外し、ウレタンエッジの残りカスをカッターナイフや彫刻刀で削り取ります。
D70_2779
もうこんくらいで限界。
D70_2782
 
コーンの裏側にこびりついたウレタンも慎重に平刀で削ります。
D70_2791
で、あんまり写真とる余裕なかったので一足飛びだけど、新しいエッジを張り終えました!
ここまで、ほとんど1日仕事……。
想像以上にしんどかった。
大半はカス削り。
ガスケットはもともとのものを再度貼り直しです。
D70_3127
 
キャビネットに組み直して完成!
うん、綺麗にできた。満足。
で、鳴らしてみたら、これまたびっくり。
低域の伸びがまるで違う。
当たり前っちゃあ当たり前なんだろうけど、これほど変わるとは。
もっと早くやっときゃよかった。
メインのエレボイの方も同様の状態になってきているので、そっちもちかいうちに挑戦しようと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

日本の黎明期テクノ5選

1980年、中1のときに死ぬほど聴いた日本の黎明期テクノの5枚。

ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー

Solid State Survivor / YMO
ま、これは万人が聴いたでしょうけども。
リリースは79年ですけども。

増殖

増殖 / YMO
ま、これも基本でしょうけれども。
アナログの当時は、10インチ33回転の変則サイズで、この周りの赤い部分は段ボールだったよな。
スネークマンショーも大好きでした。

ORIGATO PLASTIC

ORIGATO PLASTICO / PLASTICS
これ、ほんとよく聴いたなあ……。
その後、30年くらい聴いてないかもな……。
1st よりも断然こっちが好きでした。

Potpourri

ポプリ / P-MODEL
これは今ググってみたら、81年でした。
P-MODEL はこれしか知らないんだけども。

うたかたのオペラ(紙ジャケット仕様)

うたかたのオペラ / 加藤和彦
坂本龍一プロデュース。YMO と並行して聴きまくった超愛聴盤だったんだけれども、今出てるCDはリミックスされてて、あろうことか佐藤奈々子のコーラスが削除されたりしてしまっていて聴く気になれない。
もちろん当時のアナログ盤は実家に眠ってるんだけども、もはや我が家にはアナログの再生環境がない。
なんとかリミックス前のCDが手に入らないものかと何年も前から探しているのだけれども、あってもバカ高くて手が出ない。
アナログ盤には、「アラウンド・ザ・ワールド」ダブ・バージョンのシングルが付いてました。
うーん、もう1回聴きたいなあ。

B-2 Unit

B-2 Unit / 坂本龍一
あ、6枚になってしまった。
これは友達に借りてカセットにダビングしたのを死ぬほど聴きました。
「WAR HEAD」っていうシングルも借りたなあ……。

うーむ、懐かしテクノのマイブームがとまらない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

Tangerine Dream 『Stratosfear』も聴く

前回の続きで、タンジェリン・ドリームをもう1枚聴いてみた。

Stratosfear

76年作。『Stratosfear』。

おお、この2曲目の「The Big Sleep In Search Of Hades」という曲をぼくは確かに知っている。
聴いたことがある。
しかし、探している曲ではない。

たぶん、これもエアチェックした他のカセットテープに入っていたか何かだと思う。
正直、今聴くにはちょっと辛い曲だ。

アルバム全体としても、これはちょっと古くなってしまっている。
前回の『Rubycon』の方がいい。

うーむ。

タンジェリン・ドリームのアルバムって50枚以上あるらしいから、もうこれ以上の捜索は困難かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

Tangerine Dream『Rubycon』を聴く

タンジェリン・ドリームは、洋楽を聴き始めた中1の頃に、テクノの一種と誤って(?)認識していて、その当時にエアチェックしたカセットテープをよく聴いていたのだけれども、それがどのアルバムのなんていう曲だったのかが今となってはわからない。
なんとなくなんだけども、たぶんジェットストリームでエアチェックしたような気がする。
いかにもあの番組でよくかかりそうだし。タンジェリン・ドリーム。

確か、46分テープか60分テープの片面がまるまるタンジェリン・ドリームで、まるまるなんだけど2曲か3曲しか入ってなかったから、そういう長さの曲だったと思う。

それを、どうしてもまた聴いてみたい気がするんだけども、タンジェリン・ドリームはアルバムが多すぎてどれだかさっぱりわからない。
まるで手がかりがない。
その頃以来、タンジェリン・ドリームはまともに聴いたことがなくて、何も知らない。

そこで、適当に代表作らしきものを買ってみた。

Rubycon

75年作。『Rubycon』

うーん、これじゃないことは確か。
これよりはもっとずっとポップだった。

でも、これはこれでとてもよい。

クラフトワークといい、この頃のドイツはいったいどうなってたんだろうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

九州に行って来ました(3)

3日目。

Sn3t0188

柳川水郷めぐり。
平日なので人も少なく、ポカポカ陽気の絶好の水郷めぐり日和。
若い船頭さんのトークもプロフェッショナル。
九州はバスガイドなんかも職業人としてのレベルがやたらと高く、そういう部分、昭和のいいところがまだ残ってる気がする。

Sn3t0202

熊本城。
初めて行った。
なるほど、素晴らしい城でした。
松本城がすげえ好きなんだけども、ここも同じくらい気に入った。

Sn3t0215

天守閣より。

Sn3t0229

続いて阿蘇のミルク牧場。
アイスクリーム作って来ました(笑)。

復路は熊本空港からセントレアへ。
セントレアでラーメン食って締め。

お疲れさまでしたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

九州に行って来ました(2)

2日目。
稲佐山のホテルを出て、軍艦島上陸ツアーへ。

P3260062

3年前に来たときはまだ上陸はできなくて、接近して舟から見るだけのツアーしかなかったんだけれども、その後上陸できるようになった。

P3260065

でも、まだ小さい舟が多くて、しかも海が荒れてて、着く頃にはすっかり船酔い。
ゲロ寸前って感じ。
前日までは波が高すぎて欠航だったとのこと。
上陸ツアーが接岸できるのは年間100日くらいって言ってた。

舟が小さかったこともあるけど、島まで50分くらいかかる。
もっとすぐ近くにあるんだと思ってた。
実際に行ってみて改めて、よくもまあこんなところにギューギュー詰めで5000人も住んでたな、と。

P3260073

上陸。
ただし、島の大半は立入禁止。
居住区近辺は全部だめ。
これは採掘場。

P3260080

高層アパートはこれくらいの距離で限界。
船酔してなかったらもっと楽しかったんだけど。

復路は外で風に当たりながら過ごしたのでやや回復。

P3260081

長崎市内に戻ってめがね橋。
好天。

P3260085


P3260084

まだまだ気持ち悪かったけど、負けずに昼食。
しかもトルコライス@きっちんせいじ。
完食。
食ったら食える。

P3260090

次は牧島へ。

P3260096

P3260098

訪問先のおっちゃんが出してくれた捕れたてのアジの刺身と、地元の店のちくわ。
どちらもめちゃ美味。
ビールまで勧められたが、勤務中につき泣く泣く固辞。

P3260100

諫早干拓道路。
長良川の河口堰も近くを通る度に虫酸が走るが、ここはさらに規模がすごいな……。

その後フェリーで熊本へ。
南関のリゾートホテル泊。
近辺には何も無いのでホテルで夕食。
2日目終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

九州に行って来ました。

しまった。ブログのことすっかり忘れてた。
今年はこまめに更新するつもりだったのに。

先月末、2泊3日で長崎~熊本に行って来ました。
一応、仕事。

1日目は京都から新幹線で博多まで、そこからさらに特急かもめで長崎へ。
電車にはまるで関心がないんだけれども、かもめの中でも今回乗った「白かもめ」は、同行した旅行会社の話によると鉄ちゃん垂涎の車両とのこと。
確かに革張りのシートは実に快適。
ちなみに、旅行会社の社員は、その過半が鉄ちゃんであるとのこと。
さもありなん。

P3250004

長崎着。

P3250007

路面電車にも乗りました。

稲佐山にあるホテルにチェックイン後、夕食のため思案橋横丁へ繰り出す。

P3250060

なんかいい感じ。

P3250041

一口餃子の名店「雲龍亭」へ。
満席で15分ほど待って、2階席へ通される。

P3250046

一口餃子。
1人前は10個。これは3人前。
美味い。

P3250047

メニューはこれだけ。
キモテキ、ブタニラもいきました。

P3250057

2軒目、近くの店でちゃんぽん。
これは失敗。
どうってことなし。

1日目終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Keith Sweat『Keith Sweat』を聴く